スポンサードリンク

オートスポーツweb 2014.07.14


 2014年のスーパーGTは開幕3戦を終え、7月19日〜20日にスポーツランドSUGOで第4戦を迎える。新時代を迎えた2014年シーズンも、いよいよ中盤戦に突入だ。7月中旬から8月末にかけては今回のSUGOから第5戦富士、第6戦鈴鹿と2ヶ月で3レースが行われることになり、スーパーGTの開催間隔としては例年に比べタイト。夏の3連戦と言えるカレンダーだ。

 その“第一幕”と言える第4戦の舞台は1周3.7km。非常にアップダウンが激しく、タイトながらチャレンジングなコーナーが多いスポーツランドSUGO。天候も急に変わることもあり展開が読めないことも多く、スーパーGT/JGTCの歴史の中でもドラマチックなレースが数多く展開された舞台でもある。それでいて仙台市内からのアクセスも良く、毎年多くのファンが訪れるレースだ。ファンにとってもチームにとっても非常に重要な一戦と言えるが、蔵王連山を望む菅生の森で、いったいどんなドラマが待っているのだろうか。今回の見所をご紹介しよう。


●テストから大きな変化が加わったGT500

 今季、DTMドイツツーリングカー選手権と車両規定を統一した新規定GT500クラス車両がSUGOを走った回数はそれほど多い訳ではない。全車が参加したテストとしては5月10日〜11日に行われた公式テストが挙げられるが、このテストからある“条件”の変更があったこと、そしてその後GT500では別の“条件”が変更されているため、あまりテストのタイムは参考にならないかもしれない。

SUGO公式テスト MOTUL AUTECH GT-R 今回のSUGOから燃料リストリクター重量が加算される。

 また、ふたつめの“条件”は、ホンダNSXコンセプト-GTの参加条件が変更されたことだ。FRレイアウトが前提の新GT500規定の中で、市販車のイメージを守るため唯一ミッドシップレイアウト+ハイブリッドを装着したのがNSXコンセプト-GT。ただ、同様に今季から導入された“NRE”2リッター直4直噴ターボエンジンの熱の問題に苦しみ、本来のポテンシャルを発揮できていなかった。

 しかし、この第4戦からNSXコンセプト-GTは熱対策を行うことが認められたほか、競技車両最低重量が13kg軽減された。ホンダの松本雅彦GTプロジェクトリーダーは、この“重さ”の部分がハンデになっていると語っていたが、文字通りこのハンデが“軽減”されたと言っていいだろう。また、これ以上に大きな変更点が実は熱対策の方。熱対策が進めば、エンジンの本来の性能を出せたりとメリットが大きい。実際、この熱対策が施された6月27日〜28日の鈴鹿テストではNSXコンセプト-GT勢は他陣営と互角の速さをみせた。あえて“茨の道”を通ってきたホンダ勢にとってはこの夏の3連戦こそ、本格的なシーズンのスタートと言ってもいいかもしれない。

鈴鹿公式テストでのARTA NSX CONCEPT-GT。リヤにはエキゾーストカバー内の熱を放出する3本のホースが見える。

 ちなみに、5月のテストの際の最速タイムは、4セッション中レクサスRC Fが3回。ニッサンGT-RニスモGT500が1回。ただ1回は各車のエアロがバラバラだったためあまり参考にはならない。3セッションで考えると、レクサス2回ニッサン1回となる。

 ただ、この時季から比べると第4戦はかなり暑さが増すことが予想される。ちなみに第3戦オートポリスも日中はかなりの暑さだったが、近年のスーパーGTで暑い時季の“定説”となっているのが、夏のミシュランタイヤ勢の強さ。第3戦オートポリスではロードラッグ仕様のニッサンGT-R勢が速さをみせ表彰台を独占したのは、記憶にも新しいところだろう。テスト時のレクサスRC F勢の速さもあるが、ニッサンGT-R勢がここSUGOでも速さをみせる可能性がある。特にミシュラン装着の2台が要注目の存在と言える。

 GT-R、RC Fの間に、今回条件&熱対策が変更されているホンダNSXコンセプト-GT勢がどう食い込んでくるのか。先述のとおりミシュラン勢の夏の強さを考えると、今回山本尚貴/フレデリック・マコウィッキというコンビにドライバーを変更したウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTが興味深い存在と言えるだろう。


●JAF-GT勢が優位か? 混戦GT300はまだまだ続く
 

今季、JAF-GT勢とFIA-GT3勢の戦力差がかなり接近していると言えるGT300クラス。GT500クラスと異なり、GT300を予想する時には5月の公式テストのタイムが役に立つ。このテストで速さをみせたのは、JAF-GT規定のマシンたちだ。

 特に速かったのが、今季大幅にマシンを改良してきたOGT Panasonic PRIUSただ、これまでのラウンドはトラブルによりなかなか思うような成績を残せていない。SUGOはコース特性としてもJAF-GTが合っている印象があり、プリウスはトラブルをなくすことができれば上位に進出してくるだろう。また、SUBARU BRZ R&D SPORTも要注目の1台なのは間違いないし、今回エアロを開立してくると思われるホンダCR-Z GT勢のパフォーマンスに注目が集まる。

 FIA-GT3勢では、開幕から速さをみせるBMW Z4 GT3勢が今回も注目だろう。ただGT500も同様だが、ウエイトハンデがかなり苦しさを増してくるのがSUGO。特に最終コーナー〜メインストレートではウエイトが重くのしかかってくる。

大胆にエアロが変更されたMUGEN CR-Z GT。



 【動画】SUGOの魔物を脇阪寿一が車載で解説