スポンサードリンク

BRZとの関係は・・・スバルアルシオーネ復活?...2017年前後に?!


先月発売の雑誌ホリデーオート 2014年 7月号内の新生スポーツクーペ Wスクープ!に掲載されいた。

私は2代目のアルシオーネの独創的なデザインが強く印象になっている。 イタルデザイン・ジウジアーロデザインした2代目のアルシオーネは開放的なデザインが好きです。

2代目では、海外は単にSVXという別モデル扱いをされている。主なマーケットを北米としていたこともあり、発表は日本に先行してデトロイトショーで行われた(『90年代国産車のすべて』三栄書房、70頁参照)。国際性のあるグランツーリスモと位置づけ、開発のポイントとして、先代の高い空力性能は引継ぎつつ、悪天候下における安全性を兼ねそろえることが目標とされ、240PSを発揮するEG33型3.3L水平対向6気筒エンジン(レガシィ ブライトン220用EJ22型水平対向4気筒SOHC16バルブ2.2Lをベースに2気筒追加し、ヘッドを狭角DOHC化したもの)と、トルク配分式4WDシステムを搭載した。なお、総排気量が3.3Lとされたのは、3.0Lターボエンジンと比較して、「GTには自然吸気のフィーリングのほうがふさわしい」という理由から、3.0Lに1割増しの余裕が与えられたためである。

標準仕様...日本国内販売台数は生産終了までの期間でわずか5,884台、海外輸出分を含めた総生産台数は23,750台ほど。


気になる2017年前後に復活が噂されているモデル画像は...

3代目??...


 

今後後の共同開発の関係はスバル⇔⇔トヨタ⇔⇔BMWにしてトヨタがスバル、BMWに得意分野のハイブリット技術を販売してスバルがBRZ又は3代目アルシオーネに、トヨタが次期86又は3代目スープラ、BMWは次期Z4に搭載すれば、スバルを加える事でハイブリット部分を共同開発・生産をして更にコストダウンを図れる。

気になる3代目アルシオーネのパワースペック予想???

  • エンジン:水平対向6気筒DOHC

  • 排気量:2500 ~ 3500CC

  • 馬力:((エンジン部分330馬力)(ハイブリット部分180馬力))駆動方式:4輪HV回生アシスト方式AWD

    • ツインターターボ搭載40馬力 合計約550馬力
  • PHV確定又はEV単独走行対応??

上記のパワースペックになった場合BRZの上級モデルに設定してスバル初のスーパーハイブリットスポーツとなり、日産GT-R、来年発売されるNSXがターゲットになる。


3代目アルシオーネの一つの結論?!

プレイステーション3対応ソフトのグランツーリスモ6のビックプロジェクトであるビジョンGT に既に3代目アルシオーネらしきシルエットがある。

既に...グランツーリスモ6のビジョンGT にて答えがある?!


 

私は。。・更に後端部分がワゴン形状で有ることから裏の裏を読めば...レガシィ???インプレッサの可能性も捨てきれないが...ホンマに夢の答えを聞きたいです。

 




 

  • 【ビデオ】BMW「2シリーズ アクティブツアラー」がニュルブルクリンクでテスト中!

【ビデオ】BMW「2シリーズ アクティブツアラー」がニュルブルクリンクでテスト中!