スポンサードリンク

リ ン ク 元


スバル富士重工業)の吉永泰之社長が「BRZ」の第2世代モデルの開発に取り組む意向があることを明らかにしたと、米自動車メディア『Automotive News』が報じている

スバル・BRZ

BRZとその兄弟車のトヨタ「86」(北米ではサイオン「FR-S」)は、スバルとトヨタが共同開発したスポーツカーであるが、今回の吉永社長のコメントは、豪サイト『Drive.com.au』が最近報じた86に関する記事を受けてのもの。

兄弟車両のトヨタ・86

その記事によると、86の開発責任者である多田哲哉氏が「(スバルが次期型86の開発に携わるかどうかは)現時点では決まっていない」と述べ、さらにスバルに代わってBMW次期86の開発パートナーとなる可能性にも触れたという。吉永社長は、「そんなこと(トヨタとの共同開発終了の話)を実際に告げられたら気絶して倒れてしまうだろう。(BRZは)1世代限りでは終わらない」と『Automotive News』に対して語った。

トヨタはBMWとスポーツカーの共同開発を行っており、今後BRZが存続していくためにはトヨタが必要であるため後々影響が心配されている。



2-2はこちらから