JR東日本、E235系量産先行車を新造! 2015年3月以降落成、秋頃から山手線へ


JR東日本は2日、新型通勤電車E235系量産先行車の新造について発表した。2015年3月以降に落成し、走行試験の後、同年秋頃から山手線で営業運転を開始する。

E235系量産先行車は11両編成(6M5T)で、うち10両を新造し、残る1両は従来車両を改造する。デザインコンセプトとして、「お客さま、社会とコミュニケーションする車両」をキーワードに掲げている。車体はステンレス製で、エクステリアは前面の大きな窓や表示器により、「人と人、人と社会をつなぐ情報の窓を表現」したという。車体前面・側面の行先表示装置はフルカラー化される。

E235系量産先行車の外観イメージ

インテリアは居住空間を広く感じられるオープンなデザインに。中間車の優先席を1両あたり3席増設し、各車両にフリースペースを設けて車いすやベビーカーでも利用しやすくする。腰掛幅も現在の1人あたり45cmから46cmに拡大。車内の広告媒体はデジタルサイネージ化(液晶画面化)され、「より付加価値の高い情報を提供」するとのこと。



 <エクステリア>


★ 前面の大きな窓や表示器で、人と人、人と社会を繋ぐ情報の窓を表現


<インテリア>



居住空間を広く感じていただけるオープンなデザイン


・車内・車外間の情報ネットワークを強化、常に機器類の状態監視を行い、故障の予兆把握と事前の対処、故障発生時の迅速な復旧を実現
・衝突に強い車両(耐オフセット衝突構造を採用
・荷物が挟まれた場合でも荷物を引き抜きやすい改良型戸閉装置の採用
・主要機器を2重系化

室内イメージ


●環境性能の向上


・電力ロスの低減およびブレーキ時の回生エネルギーを増加させる次世代半導体素子SiCの採用
・潤滑や冷却で使用するコンプレッサ油を不要としたオイルフリーコンプレッサ(電動空気圧縮機)を採用
・LED照明を採用



※ベビーカーマークはE235系以外の車両の 車いすスペースにも順次掲出を行う計画です。


 

優先席・フリースペースイメージ


●お客さまサービスの向上


・中間車の優先席を1両当たり3席増設、併せて優先席の視認性を向上

・車いすやベビーカー等でご利用しやすいよう各車両にフリースペースを設置

・広告媒体をデジタルサイネージ化(液晶画面化)し、より付加価値の高い情報をお客さまに提供
・一人当たり1cmの腰掛幅の拡大 (45cm→46cm
・前面、側面行先表示装置のフルカラー化



❖キーワード 「お客さま、社会とコミュニケーションする車両


●デザイン 

●さらなる安全性・安定性の向上