JR東日本、総武本線市川~佐倉間開業120周年行事 – 寝台車両の臨時列車も!


 JR東日本千葉支社は、総武本線市川~佐倉間が開業120周年を迎えるのを記念し、開業記念日の7月20日を中心に記念事業を実施する。

当日は、市川駅船橋駅千葉駅佐倉駅の各駅で記念入場券発売や記念イベントを実施。記念入場券は4駅の大人入場券各1枚ずつ、計4枚のセットで、価格は560円。各駅2,000セット、合計8,000セットの限定となる。発売駅ごとに異なるトレインカードが付いており、4駅のトレインカードの裏面をつなげると1枚の列車の写真になるという。記念イベントの内容は各駅にて異なるが、こども駅長制服での記念撮影会、駅の写真展、コンサートなどが行われる予定だ。

総武本線を走る209系

7月20日限定で、寝台車両(24系客車)による120周年記念号も運転。日帰り旅行商品と夜行列車(車中泊)商品をインターネットで限定販売する。日帰りコースは市川~佐倉間で「120周年記念号」(DE10・カニ車・24系客車5両・EF64の8両編成)に乗り、帰りは普通列車に乗車するツアー。市川駅発着大人1名の旅行代金は8,900円。

車中泊コースでは、「120周年記念号」(カニ車・24系客車5両・EF64の7両編成)で千葉駅を7月20日午後に出発し、翌朝に青森駅に到着。帰りは新幹線を利用する千葉駅発着大人1名の旅行代金は4万2,000円。両コースとも定員120名。JR東日本千葉支社ウェブサイトから申し込める。

 



福島県・宮城県で9月、2週連続で車両基地一般公開イベント開催 – JR東日本


JR東日本仙台支社9月、2週連続で車両基地を一般公開するイベントを実施する。ともに公開時間は9時30分から15時まで(入場は14時30分まで)。入場無料。

9月に郡山総合車両センター(福島県)と新幹線総合車両センター(宮城県)を一般公開

9月6日には、「郡山車両基地まつり2014」と題し、郡山総合車両センター(福島県郡山市)を一般公開。車体上げ下げ・車両移動・台車の組立てなどの作業実演、トラバーサーの体験乗車、ブレーキ装置の操作体験などを行う。イベント限定で郡山駅基地まつり会場を結ぶ直通列車も運転。郡山駅から10時5分、11時0分、12時0分、基地まつり会場から13時5分、14時0分にそれぞれ発車する。出発の30分前に、郡山駅西口広場基地まつり会場にて片道乗車整理券(無料)を配布する1回の運行は定員200名。翌週の9月13日には、新幹線総合車両センター(宮城県利府町)を一般公開する。



スポンサードリンク

JR東日本、飯田橋駅ホーム移設 曲線区間から直線区間に 


東日本旅客鉄道(JR東日本、9020)は2日、中央線飯田橋駅ホームを西側に約200メートル移設すると発表した。現在のホームは曲線区間にあり、列車とホームの隙間が大きくなっているため、安全対策のため直線区間に移す。冨田哲郎社長は同日の記者会見で工事費用について、最終調整はこれからとしつつ「この種の工事では最低100億円はかかる」と説明した。

中央線飯田橋駅のホームと車両の隙間は現在、最大で33センチメートル。「工事が終われば最大でも15センチぐらいになる」という。今後約2年で基本設計を終え、5年程度をかけて…

飯田橋駅ホームの現在地と移設予定地(赤点線)。ホームをカーブ区間から直線区間に移す。



  1. JR東日本:東日本旅客鉄道株式会社

    www.jreast.co.jp/

    JR東日本の公式サイト。列車の運行・時刻表・駅の情報や、旅行・観光、きっぷ、Suica、大人の休日倶楽部、ビューカードなどをご案内。企業・IR・採用情報もご覧いただけます。新幹線・特急、びゅう国内ツアーのインターネット予約ができます。

    このページに 4 回アクセスしています。前回のアクセス: 14/06/08

    駅・鉄道/旅行・観光

    きっぷ案内 – 路線図 – 列車 – 駅情報検索 – 駅構内図 – 

    インターネット予約サービス

    パソコンや携帯電話で予約・お申込みいただけるJR東日本グループの各 …

    列車運行情報サービス

    4:00~翌2:00までの間、JR東日本管内の在来線及び各新幹線におい …

    おトクなきっぷ

    JR東日本で取扱っている特別企画乗車券(以下「おトクなきっぷ」)につい …

    jreast.co.jp からの検索結果 »