スポンサードリンク

「アストンマーティン DP-100 ビジョン グランツーリスモ」を発表



6月27日(現地時間)、アストンマーティンはイギリス・ウェストサセックス州で開催中の「グッドウッド・フェスティバルオブ・スピード」において、「アストンマーティン DP-100 ビジョン グランツーリスモ」を発表しました。2014年7月、PlayStation®3専用ソフトウェア『グランツーリスモ6』の無料アップデートを通じて配信される予定です。

同車はデザインディレクター マレック・ライヒマン率いるアストンマーティンのデザインチームとエンジニアチームにより、6ヶ月の期間をかけて開発されました。ただ美しいだけでなく、高度なエンジニアリングに基づいたものに仕上げられています。

ツインターボV12をミッドマウントするこのレーシングカーは800bhpという圧倒的な性能を発揮します。プロダクションモデルのスポーツカーの多くと同じ手法で開発され、ハンドスケッチ、3Dモデリング、それらに基づくデジタル世界での再現が行われました。完全なサスペンションシステム、そして最新鋭のエレクトロニクスなど、高度なディテールが見どころとなっています。



デザインディレクター マレック ライヒマンのコメント

DP-100はここゲイドン(アストンマーティンの本拠地)のチームにとって非常にエキサイティングかつ濃密なプロジェクトでした。このクルマの革命的な「アクティブ・エアロダイナミクス」といった機能はただ形を引き立てるだけでなく、ゲーム内でのクルマの機能を補助するものです。CC100スピードスター・コンセプト(※)同様、DP-100で垣間見える様々なデザイン要素、たとえばライトブレード型テールライトなどといった物は、私たちが今後オフラインの世界でローンチする未来のスポーツカーに反映される可能性がありますので、このプロジェクトの重要度は計り知れないものがあります。

「グランツーリスモ」シリーズプロデューサー 山内一典のコメント

イギリス、ゲイドンのアストンマーティン本社で初めてこのクルマと向き合ったとき、私は、そのデザインの完成度の高さに言葉を失いました。アストンマーティンとしては初めてのミッドシップレイアウト、という大胆な提案にまず驚き、クリーンで上品だけれど同時にエモーショナルで、しかも、そのまま市販されてもおかしくないような細部を持った未来のアストンマーティンがそこにあったのです。