1 目玉機能Dynamic Perspectiveは諸刃の剣


Amazon.comが18日に発表した同社初のスマートフォン「Fire Phone」は良くも悪くも人々の予想と異なるものになった。

まず評価したいのは、Dynamic Perspectiveセンサーを搭載してハードウエアで独自性を示したこと。スマートフォンは成熟期を迎えてプラットフォーム依存が進み、ハードウエアが差別化要因ではなくなってきた。iOS、Android、Windows Phoneという違いはあれども、それらを搭載した端末のハードウエアの構成に大きな違いはない。ところが、Amazonは他とは違うハードウエア機能を搭載し、サードパーティ向けにDynamic Perspective SDKも用意して、独自にスマートフォンの進化を試みている。

米Amazon.comが18日に発表した同社初のスマートフォン「Fire Phone」

問題は、それがユーザーとアプリ開発者に受け入れられるかだ。Dynamic Perspectiveは、ユーザーの頭の動き、端末の傾きや動きを常にトラッキングするセンサーシステムである。Amazonはこれを「奥行きと広がりのある表現」と「ユーザーインターフェイス(UI)とナビゲーション」に活用している。Fire Phone発表前、Amazonが開発しているスマートフォンは3D立体視が可能になるという噂が報じられた。Dynamic Perspectiveを活用した表現は立体視とは異なるが、ディスプレイの向こう側に別の世界が広がっているようなユニークな効果を生み出している。一方、Dynamic Perspectiveを活かしたナビゲーションは、例えばFire Phoneを傾けたり、回転させるだけで、指で画面に触れることなく、メニューパネルへのアクセスや自動スクロールなどが可能になる。

これまでにも傾けてメニューにアクセスするようなUIは存在したが、加速度センサとジャイロセンサからの情報だけでは、メニューパネルを引き出したくない時にも出てしまうような精度だった。Dynamic Perspectiveは、より自然で、実用的なものになっているようだ。Amazonユーザーの反応を紹介するビデオの中で1歳の子供がいるというお母さんは「いつも片手しか使えないから、これは助かる!」と感激していた。


 

(1)

目玉機能Dynamic Perspectiveは諸刃の剣

(2)

Dynamic Perspectiveは不自然?

(3)

スマートフォン市場は破壊せず、横並びの価格とサービスプラン

(4)

Amazonへの期待