WEC世界耐久選手権にフルエントリーしているロータスは12日、ル・マンで今季の新LMP1カー『P1/01』をアンベイルした。

 コリン・コレスが代表を務めるコデワ・チームのオペレートのもと、昨年まではLMP2クラスを戦っていたロータス。今季は、『T129』と名付けられた新型車両でWECのLMP1-Lクラスににフルエントリーしていたが、車両製作の遅れによりWECの開幕2戦を欠場し、ル・マン参戦も断念。WEC後半戦からの参戦を目指すとともに、ル・マン24時間の会場で新型車両をアンベイルするとしていた。

 そんなロータスの新型車両が、12日にル・マンでお披露目された。名称はこれまでのT129から『P1/01』に変更。エンジンは、排気量は明かされなかったもののAER製のV6直噴ツインターボエンジンを搭載する。ロータスLMPのボス、ボリス・バーミスによると「数日中に」テストを開始するのだという。

 ロータスは、エンジン供給に関するトラブルにより車両の制作が遅れ、ル・マンにはホモロゲーションの取得が間に合わなかったのだと言われている。バーミスによると、マシンはFIAのクラッシュテストに合格し、現在は書類上の最終段階にあるということだ。

ル・マン24時間 ロータスP1/01

ル・マン24時間 ロータスP1/01 ゼッケンは9番

2015年からのトップクラスLMP1はアウディ、トヨタ、ポルシェ、ニッサン、ロータスの構図に…マツダ、プジョーあたりは数年以内に復帰はしないのか??? 以前からウワサがあるフェラーリはF1撤退しないと駄目無理???…ベンツはニッサンと量産車両にエンジン相互供給の計画があるためと15年から日産が復帰することから支援に回る???更に トヨタはBMWと量産車両にエンジン相互供給の計画がある事から・・・BMW・ベンツの復帰は無い???