アウディスポーツ・チーム・ヨーストは11日、ル・マン24時間のフリープラクティスで発生したクラッシュについて、ドライブしていたロイック・デュバルの容態と、1号車の状態について声明を発表した。 高速コーナーであるポルシェカーブで、デュバルがドライブしていた1号車アウディは、ル・マン24時間のフリープラクティスの開始1時間5分の時点でハイスピードでコンクリートウォールにヒット。キャッチフェンスに激突した後着地した1号車は、リヤエンドを中心にバラバラの状態になっていた。 セッションはただちに赤旗中断となったがデュバルは幸い意識があり、会話ができる状態でマシンから救出され、メディカルセンターに運ばれた後、ル・マン中央病院に搬送され検査を受けた。その検査の結果と、大破した1号車について、アウディは次のような声明を発表した。

アクシデント発生後、1号車のガレージのみが固くシャッターが閉ざされた。

****6月11日(水)の17時5分、1号車アウディはポルシェカーブ(マーシャルポストNo.131付近)にて、非常に高速でコースアウトを喫した。事故は第82回ル・マン24時間耐久レースのフリープラクティスセッションで発生した。ドライバーは意識がある状態で、ACOのメディカルサービスによって保護されながら車両から救出され、救急車でル・マン中央病院に搬送された後、そこでさらなる検査を受けることになる。彼の状態は、勇気づけられるものだった。テストは17時55分に再開された。

ただ、このクラッシュにより1号車アウディは大きく損傷。モノコックまでダメージが及んでいるという情報もあり、デュバルの容態とともに1号車の情報も今後気になるところだ。

クラッシュに巻き込まれたロイック・デュバルの状態についてのアップデート:ル・マン中央病院での検査の結果、アウディドライバーは2カ所の擦り傷以外はケガがなかった。アウディスポーツ・チーム・ヨーストは1号車について、木曜の予選に向けて走行準備を行うべく、すべての作業をスタートさせた。

11日ブルテンを発行し、フリープラクティスでクラッシュした1号車アウディR18 e-トロン・クワトロについてロイック・デュバルからマルク・ジェネにドライバーを交代、ジェネがドライブする予定だったLMP2クラスの38号車については、ジェネからオリバー・ターベイに交代すると発表した。 フリープラクティス開始から1時間5分というタイミングで、ポルシェカーブでクラッシュした1号車アウディR18 e-トロン・クワトロ。アウディスポーツの発表によれば270km/hからコントロールを失いコンクリートウォールにクラッシュしたとのことで、マシンはリヤエンドを中心に激しく損傷した。 ドライブしていたデュバルは意識がある状態で会話も可能。マシンからメディカルクルーの手で慎重に救出された後、ル・マン中央病院に搬送され検査を受けた。その結果、アウディからの発表によれば、脚部に『2カ所の擦り傷』を負った状態とされていた。

****