JR東日本はこのほど、新宿~東武日光・鬼怒川温泉間を運転するJR・東武直通特急に、初めて「えきねっとトクだ値」を設定すると発表した。

「えきねっとトクだ値」は、「えきねっと」会員限定で発売される、乗車券と指定席特急券がセットになった片道タイプのお得なきっぷ。対象となるのは、東武日光・鬼怒川温泉行(下り)の「日光1号」「スペーシアきぬがわ11号(臨時)」「スペーシアきぬがわ3号」「きぬがわ5号」「スペーシアきぬがわ7号」、大宮・浦和・池袋・新宿行(上り)の「スペーシアきぬがわ2号」「きぬがわ4号」「スペーシアきぬがわ6号」「スペーシアきぬがわ14号(臨時)」「日光8号」の計10本。

「えきねっとトクだ値」を利用した場合、新宿~東武日光・鬼怒川温泉間の料金(乗車券と指定席特急券の合計)は通常より1,600円安い2,400円に池袋~東武日光・鬼怒川温泉間は通常より1,550円安い2,320円に大宮~東武日光・鬼怒川温泉間では通常より1,410円お得な2,120円になるなど、いずれも通常より40%割引となる。

利用期間は6月15日から7月18日まで。 販売は乗車日1カ月前の10時から乗車当日の深夜1時40分まで購入可能。乗車日が7月8日以前となる場合は、6月9日5時30分から申込開始となる。

 


日光(にっこう)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)および東武鉄道新宿駅 – 東武日光駅間を山手線東北本線宇都宮線)、東武日光線経由で運行している特急列車である。

本項では、同じくJR東日本と東武鉄道が新宿駅 – 鬼怒川温泉駅間を山手線、東北本線(宇都宮線)、東武日光線、東武鬼怒川線経由で運行する特急「きぬがわ」について記載するとともに、東北本線および日光線経由で東京方面と日光線方面を結んでいた日本国有鉄道(国鉄)・JR東日本の準急列車急行列車「日光」などの優等列車の沿革についても記述する。

JR東日本253系1000番台による特急「日光」

多客期には189系「彩野」や東武100系スペーシアを用いて横浜駅新宿駅 – 東武日光駅鬼怒川温泉駅間で臨時特急「(スペーシア)日光」「(スペーシア)きぬがわ」が運行されてきた。2009年夏には、特急「はちおうじ日光」が中央本線八王子駅 – 東武日光駅間で初めて運転され、以後、多客期週末を中心に同列車が設定されている。

2011年秋には千葉駅品川駅大船駅を発着とする臨時列車が運転された。253系は千葉駅・品川駅・大船駅まで乗り入れ、東武100系は品川駅まで乗り入れた。

停車駅
  • 大船駅・横浜駅発着列車
大船駅 – 戸塚駅 – 横浜駅 – 武蔵小杉駅 – 渋谷駅 – 新宿駅 … この間は、「日光」と同じ … 東武日光駅
武蔵小杉駅停車は、2010年横須賀線ホーム開業以降
  • 八王子駅発着列車
八王子駅 – 立川駅 – 国分寺駅 – 三鷹駅 – 吉祥寺駅 – 新宿駅 … この間は、「日光」と同じ … 東武日光駅
  • 千葉駅発着列車
千葉駅 – 津田沼駅 – 船橋駅 – 錦糸町駅 – 秋葉原駅 – 新宿駅 … この間は、「日光」と同じ … 東武日光駅
  • 品川駅発着列車

品川駅 – 渋谷駅 – 新宿駅 … この間は、「日光」と同じ … 東武日光駅