マイクロソフトは6日、6月11日に公開するセキュリティアップデートの事前情報を公開した。深刻度が「緊急」2件「重要」5件計7件のセキュリティ情報が公開されている。11日に「6月のセキュリティ情報」として置き換わる予定。

緊急の2件は、Internet Explorer(IE)やWindows OS、Microsoft Officeなどに影響しリモートでコード実行される恐れがある脆弱性に対処。いずれも要再起動。OSはWindows Server 2003 / 2008(R2含む) / 2012(R2含む) / Vista / 7 / RT / 8 / 8.1に、OfficeではMicrosoft Office 2007 / 2010に影響する

一覧 資料図

最新のリリース

  • 2014 年 5 月のマイクロソフト セキュリティ情報
    Internet Explorer、Microsoft .NET Framework、Microsoft Office、Microsoft サーバー ソフトウェア、Microsoft Windows および Productivity ソフトウェアの 5 月のセキュリティ更新プログラムをダウンロードする。

次回のリリース情報

 

Microsoft Update で更新プログラムを入手する

ご自宅のコンピューターのセキュリティを保護するには、「 セーフティとセキュリティ センター」をご覧になるか、 Microsoft Update で更新プログラムをダウンロードしてください


 

スポンサードリンク

関連記事