JR東日本は3日、今後新造するクルーズトレイン(豪華列車)の外観と車内のデザインイメージを公開した。

クルーズトレインは、先頭車(展望エリア付き動力車)2両ラウンジ車とダイニング車各1両客室6両(デラックススイート1両、スイート5両)計10両編成車両デザインは、秋田新幹線E6系車両の内外装デザインを監修した「KEN OKUYAMA DESIGN」代表の奥山清行氏がプロデュースを担当した。「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車」をデザインコンセプトとし、旅行中に快適に過ごすためのインテリアや、JR東日本のフラッグシップとしてふさわしい外観について検討を重ねてきたという。

クルーズトレインの外観デザイン
クルーズトレインの編成イメージ。両端に展望エリア付きの動力車を配し、中間にデラックススイート車やスイート車、ダイニング車、ラウンジ車を連結する。

今回発表された外観イメージによると、先頭車先頭部は天井を含む4面ガラス張りの特徴的な形状に編成の中ほどにあるラウンジ車両には大きなエントランスドアやラウンジ全体を覆う窓、ダイニング車両には高さを意識した窓、客室にはプライベート性を重視した窓など、車両ごとに快適さや機能性に即した異なる形状の窓を設ける。

なお、列車編成イメージやイメージパース、車内のレイアウトなどは現在検討中のもので、今後変更になる可能性があるという。

運行開始時期に関して、昨年6月の時点では、「2016年春以降とされていたが、今回の発表では2017年春頃との見通しが示された。6月下旬にはクルーズトレインの専用サイトを開設し、旅のイメージを伝える映像コンテンツなどを発信する。


スポンサードリンク

 資料画像

デラックススイートルーム(メゾネットタイプ)

スイートルーム

ラウンジエリア