スーパーGT第3戦オートポリスは1日、65周の決勝レースが行われ、途中セーフティカーが導入される荒れたレースの中、MOTUL AUTECH GT-Rがポール・トゥ・ウインを達成ニッサンGT-RニスモGT500が表彰台を独占した。

第3戦オートポリス スタート

 やや雲がかかっていたものの、午前中から変わらずの酷暑の中でスタートしたスーパーGT第3戦オートポリスの決勝レース。昨日の予選でコースアウトし、タイムを記録できなかったENEOS SUSTINA RC Fがピットスタートを選択し、14台のGT500車両を先頭に65周の決勝レースのスタートが切られた。スタートではポールスタートのMOTUL AUTECH GT-Rがしっかりとポジションを守りS Road MOLA GT-R、ZENT CERUMO RC Fとグリッドどおりに続いていく。

好調への大きな一歩で6位につけたRAYBRIG NSX CONCEPT-GT  序盤コースアウトしたウイダーモデューロ NSX は7位でチェッカー

 一方、先頭を走るミシュランタイヤ装着のニッサンGT-R勢はペースの落ち込みが少なく、25周の時点で3番手以下に25秒差をつける。ただ、28周目にはトップのMOTULと2番手S Road MOLA GT-Rが急接近。28周目の第2ヘアピンで、ブレーキングに入っていたMOTULにS Roadが接触。S Roadはフロントを少し壊してしまった。 トムス勢2台を引き連れニッサンGT-R勢は盤石のトップ3独占で終盤戦を迎えていく。

第3戦オートポリス カルソニックIMPUL GT-R、KeePer TOMS RC F、そしてPETRONAS TOMS RC Fは最終周まで熾烈なバトルを繰り広げた。

 終盤に向けてレースは落ち着きをみせはじめていたが、48周目、GT300クラスの岩崎選手がドライブ中のIWASAKI apr GT-Rが1コーナーを直進してしまい、ガードレールに激突。タイヤバリア、更にガードレールを飛び越しサービスロードに落下する激しいクラッシュとなってしまった。同時に、1コーナーで12番手を走っていたD’station ADVAN GT-Rから白煙が上がりストップ。サーキット全員が岩崎選手を心配した…ふたつのアクシデントの影響でセーフティカーが導入される。なお岩崎選手の気になる容態は、すぐさまオフィシャルが駆け寄り岩崎の救出作業が行われた。停止した直後から無線でチームとも交信があり、岩崎は意識もしっかりしており幸いにも無傷であるが、スーパーGTではアクシデントが発生していた際に、ドライバーに加わった衝撃を測定するGセンサーが全車に装着されており、そのGセンサーが働いていたため、岩崎選手には動かないようにという指示が。メディカルルームに運ばれた岩崎選手だが、その後検査のためドクターヘリで福岡県内の病院に移動中電話で話もしました。まったく心配入りませんとaprの金曽裕人代表。アクシデントの原因については現在調査中とのことだが、まずはひと安心というところだ。

第3戦オートポリス MOTUL AUTECH GT-RとS Road MOLA GT-Rの攻防

 トップのMOTULは、3番手争いを後目に最後まで盤石の走りをみせトップでチェッカー! 2位にはS Road、3位にはカルソニックがなんとかトムス勢の猛攻を凌ぎきり、ニッサンGT-RニスモGT500が表彰台独占! 4〜5位はKeePer、PETRONASというトムス勢2台、前回超苦戦を強いたNSX6~7位となった。

ミッドシップ車が得意とするオートポリスではあったが、トップ10にNSX CONCEPT-GTが3台入る。第4戦SUGOに向けて、少し時間もあるだけにシーズン中盤からの巻き返しが待ち望まれる。


GT500クラス

No.23 MOTUL AUTECH GT-R

 

「今回の優勝はあくまでも通過点。絶対にチャンピオンを獲りたい」

松田 次生

今年、NISMOに移籍してこれまでの2戦は悔しいレースが続きました。もちろん、僕だけでなくチームの皆が悔しい思いをしていて、それが今回の結果に繋がったように思います。(1か月前のタイヤ)テストから好調でしたが、直前になってロードラッグ仕様の空力パッケージになって少し不安もあったんですが、予選から流れが良かった。でもここまで完勝できるとは思っていませんでした。
前回の富士では12号車(去年まで在籍していたカルソニックIMPUL GT-R)に先に勝たれてしまい、反対に僕たちはトラブルで遅れてしまいました。今回こそは、と思っていたのですが、快調にトップを走っていたらSC(セーフティカー)が入ってギャップがなくなるなど、本当に簡単には勝たせてもらえませんでしたね(苦笑)。
GT-Rが表彰台を独占したのは95年以来、ですか? 僕はロニー(クインタレッリ)さんと同じ年で、その頃は高校生でしたから、多分(GT-Rが表彰台を独占したレースは)テレビで見ていたと思います。それが再現された時、自分がドライバーとして(表彰台の中央に)立っていたのは感激ですね。ともかく、今回はクルマもタイヤも素晴らしかった。だからプッシュして(終盤に)1分36秒台がマークできたんでしょうね。レースで勝って泣くことなんてあまりなかったんですが、今日はチェッカーを受けた後、少しウルッとしてしまいました(苦笑)。
でも今回の優勝はあくまでも通過点です。ポイントリーダーの12号車も3位に入っているので、差を僅かに縮めただけ。次回のSUGOでも良いレースをするとともに、一層気を引き締めてクルマとタイヤの開発を進め、絶対にチャンピオンを獲りたいですね」

 

「今回は走り始めから速かったし、トラブルもまったくなかった」

ロニー・クインタレッリ

去年、NISMOに移籍してから初めて優勝することができました。『日産とNISMOファンの皆さん、お待たせしました』という心境です。今回は走り始めから速かったし、トラブルもまったくなかったですね。クルマとタイヤが素晴らしいパフォーマンスを見せてくれて、私自身も思い切ってプッシュできました。ただ、(松田)次生さんがドライブしているときにSCが出て『やはり簡単には勝てないなぁ』と。それでもリスタートでは次生さんが良いスタートを切って、優勝することができました。
GT-Rが表彰台を独占できたのは、NISMOのスタッフが冬の間にがんばって開発を進め、クルマが速くなったこと。それにGT-Rのドライバーが全員速いドライバーだから。もうだれが勝ってもおかしくないメンバーでしょう? ともかく、今回のクルマのメカニカルなベースがすごく良いので、これをベースにこれからも良いパフォーマンスを発揮できるでしょう。路面温度が高かったからなのか、これまでオートポリスでは問題になっていたピックアップ(コース上のタイヤかすがタイヤに貼りついて振動やグリップ不足になる状況)も、今回はあまり気になりませんでしたね。
次回のSUGOも、今回と同じく(ミシュランが得意とする)暑いコンディションでのレースでしょう。今回の優勝でランキング4位になったようですが、もっともっとランキング上位に行けるようがんばります。

 

GT300クラス

No.55 ARTA CR-Z GT

 

「走り始めからタイヤのもちも、ロングラップのペースも良かった」

高木 真一

僕たちは1か月前のタイヤテストで走っていなかったから、予選2位は悪くない結果。僕自身もタイヤを温存するために、最初のアタックで(2位となる)好タイムがマークできたので、もうやめようと思ったほど。でもピットから『もう1アタックしてポールポジションを狙おう!』と指示されて2回目のアタックに行ったんです。だから(遅いクルマに引っ掛かって)アタックを止めてしまったことも『こんなもんかな』と思っていました。
レースウィークを通じて暑かった(熱かった)んですが、この時期のオートポリスのレースは初めてで、誰もが経験してないコンディションでしたね。でも走り始めからタイヤのもちも、ロングラップのペースも良かった。それに、これまでオートポリスのレースで問題になっていたピックアップですが、(予選で使った)ユーズドタイヤでスタートして行った僕のスティントではまったく問題なかったですね。クルマとタイヤを用意してくれたHondaさんやブリヂストンさん、そしてチームのおかげです。ただクールスーツが壊れていて、特に後半を担当した小林(崇志)には厳しい展開となったようですが、僕は思いっ切りプッシュして走ることができました。
開幕からここまでは去年と同じような展開(開幕2戦でノーポイント。第3戦から2連勝)なので、次回のSUGOはもちろん優勝を狙っていきます。路面改修されたSUGOのコースは、FIA GT3ほどストレートスピードの伸びない僕たちにはちょうどいい感じ。絶対に優勝したいですね。

 

「精神的には厳しいレースになりましたが、勝てて良かった」

小林 崇志

予選では遅いマシンに引っ掛かって2番手でしたが『決勝で優勝すればいい』と気持ちを切り替えました。それで朝のフリー走行では、普段は試したことのないようなセットもトライしてみました。
決勝ではスタートで(ストレートの速い)GT-Rに抜かれなければトップ争いができる、と思っていました。そうしたら高木(真一)さんが2番手で繋いでくれて、アウトラップでもタイヤも素早く温めることができてトップに立つことができました。そのままじわじわと引き離していったのですが、途中でSCが入ってギャップが無くなってしまい、また走行風がまったく入ってこなくて暑い中、何とかリスタートを上手く決めて、後続をじわじわ引き離しにかかったのですが、61号車(SUBARU BRZ R&D SPORT)も速くて…。精神的には厳しいレースになりましたが、勝てて良かったです。
次回のSUGOは公式テストで走って手応えを感じています。少しウェイト(ハンディ)は増えますが、チャンスだとも思っています。ドライバーにできることは、テストでもレースでも速く走ること。だから、ドライバーとしてできることをきっちりやって、今年こそチャンピオンを獲りたいですね。