スポンサードリンク

リ ン ク 元


明日から2日間第3戦九州・オートポリスが開催される…ここまでの2戦の展開は500クラスは、12号車GT-R・31ポイント、37号車RCF・26ポイント、6号車RCF・26ポイントでシリーズタイトルを争っている…更に昨年の王者38号車RCFは15ポイントでまだまだ防衛連覇の可能性が大きい。ランキングトップ6台までGT-RとRCFが占めていて、苦戦しているNSX勢のトップは、ランキング7位・7ポイントの18号車は、前回富士で中盤以降他のNSX勢に発生したトラブルが出ながらも完走しており…不調のNSX勢の中で1番調子のいいトラブルが改善していれば上位を狙える可能性がある。

苦戦中のNSX勢…少しでも多く完走して更に上位でゴールをしてタイトル争いに食い込んで行けるか・・・

 


 

300クラスは、2連勝でランキングトップの初音ミクBMW・40ポイント、ゲイナーSLS11号車・26ポイント、StudieBMW7号車・23ポイント、NDDPGT-R3号車・14ポイント、昨年の王者無限CRZ・13ポイントまでがタイトル争い圏内だ。

 

厳しい条件GT界で3連勝となるか?! 3連勝を達成するとタイトル奪還が一気に近づく…なお3連勝の場合タイトルポイントが60ポイントになる・・・