ポルシェAGは27日、2014年のル・マン24時間に参戦するポルシェ919ハイブリッドの技術に関するプレスリリースを発行し、ハイブリッドテクノロジーについて解説している。

 今季、WEC世界耐久選手権に参戦を開始したポルシェ919ハイブリッドは、トヨタTS040ハイブリッド、アウディR18 e-トロン・クワトロというLMP1-Hの2車種に対抗するべく開発されたプロトタイプカー。この車両について、ポルシェは「未来の市販車のための技術プラットフォームであり、実証試験でもある。WECのスターティンググリッドに並ぶ他のプロトタイプには、ポルシェ919ハイブリッドほど効率的で複雑なハイブリッドシステムを備えた車はない」としている。

ポルシェ919ハイブリッドのシステム透視図。フロント回生、そして熱回生の仕組みが分かる。

 2014年からのWECのレギュレーションでは最適なエネルギー変換効率が重要であり、エンジンサイズと排気量、そして回生エネルギーの貯蔵のタイプと方法はメーカーに依存する。ル・マン24時間が行われるサルト・サーキットでは、周回ごとにドライバーがブーストとして使用できる電気エネルギーの総量は制限されており、エネルギーレベルに対し最大燃料流量の制限もかかる。ポルシェは、2〜8MJのテーブルの中からトヨタと同じ6MJを選択した。

 結果的に、ポルシェ919ハイブリッドはサルト・サーキットにおいて1.67kWhのエネルギーを使用できる。この量は仮に、2013年ウイナーのアウディが走破した348周をポルシェ919ハイブリッドが走行すると、60Wの電球を9687時間という時間点灯させる電力に相当し、フォルクスワーゲンe-ゴルフなど、コンパクトクラスの最も効率的な電気自動車で4,576kmを走行できることになるという。