リ ン ク 元


JR東日本、JR東海、JR西日本、JR北海道、JR四国は23日、夏の期間(7月1日から9月30日まで)に運転される臨時列車の概要を発表した。

繁忙期限定で復活する 寝台特急あけぼの号

JR東日本は夏の期間中、新幹線・在来線合わせて4,698本(新幹線2,152本、在来線2,546本)を増発。今年3月のダイヤ改正で臨時列車となった寝台特急「あけぼの」は、今夏も上野~青森間で運転される。24系6両編成(B寝台5両・B個室1両)で、牽引機はEF64形およびEF81形。運転日は下り(上野駅21時33分発・青森駅12時19分着)が8月1~18日、上り(青森駅17時11分発・上野駅6時20分着)が7月31日と8月1~17日。

上野~土合間では、485系6両編成の快速「谷川岳山開き」が運転される。下り(全車指定席)は7月5日の23時33分に上野駅を発車し、土合駅には3時32分着。上り(指定席4両・自由席2両)は7月6日の14時30分に土合駅を発車し、上野駅には17時18分に着く。上野~土合間では快速「一村一山」も設定されており、7月12日は485系6両編成、9月13日は185系6両編成で運転(ともに指定席4両・自由席2両)。下りは上野駅7時2分発・土合駅9時35分着、上りは土合駅14時23分発・上野駅16時58分着となる。

快速「ムーンライト信州81号」は7~9月の週末を中心に運転(8月1~9日は毎日運転)され、189系6両編成を使用。新宿駅を23時54分に発車し、白馬駅には翌朝5時40分に着く。

山形新幹線では、「山形デスティネーションキャンペーン」に合わせて新幹線初のリゾート列車「とれいゆ つばさ」が登場。E3系6両編成で、7月19日から福島~新庄間で運転され、福島駅では在来線ホームに発着するという。その他にも、今春デビューした「SL銀河」「越乃 Shu*Kura」をはじめ、リゾート列車を多数運転。長野支社管内で運転される快速「懐かしの篠ノ井線183系」「懐かしの大糸線189系」「懐かしの115系横須賀色」「懐かしの115系湘南色」「ブルートレイン信州」も注目される。



2013年の年末から14年の年始期か運用に入った185系

JR東海は東海道新幹線において、お盆期間や3連休など、利用者の集中する期間に1時間あたり最大10本の「のぞみ」を設定。これにより、夏の期間の1日あたりの運転本数は350本(前年比8本増)、お盆期間の1日あたりの運転本数は401本(前年比20本増)となる。

東京~大垣間の快速「ムーンライトながら」は185系10両編成で、下り(東京駅23時10分発・大垣駅5時51分着)は7月25日から8月23日まで、上り(大垣駅22時49分発・東京駅5時5分着)は7月26日から8月24日まで運転。

<新幹線>  
  ○首都圏や沿線の観光地へのお出かけや故郷への帰省などに、更に便利にご利用いただけるよう、
お盆期間や三連休を中心に数多く運転します。

   ・夏の期間は、一日平均で前年より8本多い350本を運転します。
   ・お盆期間は、一日平均で前年より20本多い401本を運転します。
   ・海の日や敬老の日の三連休にも、前年を上回る数多くの臨時列車を運転します。

  ○「のぞみ10本ダイヤ」により、ご利用の集中する時間帯にもお席が更に取りやすくなります。
   ・お盆期間や三連休、休前日などのお客様のご利用の集中する時間帯に、1時間あたり
    最大10本の「のぞみ」を設定することで、お席がより確保しやすくなります。

  ○お盆期間を中心に、山陽・九州方面への帰省やご旅行などに便利な東海道・山陽直通列車を数多く運転します。
   ・東海道・山陽新幹線を直通する「のぞみ」を、お盆期間は一日平均で前年より9本多い
   145本を運転します。

<在来線>
  ○夏休みやお盆期間、三連休を中心に、お出かけや帰省に便利な臨時列車を運転します。
   ・夏の信州へのご旅行に便利な、松本・白馬方面の臨時特急「ワイドビューしなの」は、
    前年より26本多い合計130本を運転します。
   ・下呂・高山方面の特急「ワイドビューひだ」の臨時列車は合計36本(延長運転含む)、
    熊野・紀伊勝浦方面の特急「ワイドビュー南紀」の臨時列車は合計76本運転します。


※詳細は別紙をご覧下さい。(JR東海)


臨時直通快速 新大阪から貨物線を経由してユニバーサルスタジオまでノンストップで行けます。 ※途中の野田、西九条には止まりません。

JR西日本も、お盆期間や夏休み、3連休を中心に、「のぞみ」「みずほ」「さくら」「ひかり」を増発。新幹線の臨時列車は合計1,468本運転(前年比268本増)とされている。7月19日からは、「プラレールカー」を連結した山陽新幹線500系も登場。新大阪~博多間の「こだま741号」「こだま730号」に使用され、運転日は7月19~29日、8月2~19日、8月23~31日、9月1~10日、9月13~15日、9月17~30日となっている。

在来線では、新大阪駅からユニバーサルシティ駅・桜島駅へ直通する臨時の快速列車が運転される。運転日は7月26日、8月2・9・16・23・30日、9月6・13・20・27日で、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」をイメージしたラッピング列車で運転されるとのこと。

○ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)へのおでかけに便利な「ひかり580号」の運転とあわせて、新大阪からユニバーサルシティへの直通列車を運転します。
 ○山陽新幹線500系こだま号のプラレールカーの運転を開始します。
 ○本年8月中に全区間での運転再開を見込んでいる山口線においてSL「やまぐち」号を運転します。
 ※注釈 全線復旧までの間は、新山口から地福駅間の運転(詳細は別途お知らせします)。

 


《 各エリア 》


新型特急電車「8600系」

JR四国は夏の期間中、トロッコ列車やイベント列車を運転するとともに、利用者の多い定期列車では車両増結も行う。

I. トロッコ列車
お子様に大人気の「瀬戸大橋アンパンマントロッコ号」を運転! → 詳細
清流四万十川の美しい景色に映える「しまんトロッコ号」を運転!  → 詳細
大歩危地区の妖怪伝説にちなみ「大歩危妖怪トロッコ号」を運転!  → 詳細

 

II. イベント列車
「阿波おどり」開催期間中に臨時列車を運転!  → 詳細
「サンポート花火大会」開催に合わせて、臨時列車を運転!  → 詳細
海水浴シーズンに合わせ、牟岐線に「田井ノ浜駅」を開設し特急・普通列車を臨時停車! → 詳細
津嶋神社夏季大祭に伴い、予讃線に「津島ノ宮駅」を開設し普通列車を臨時停車!  → 詳細
「徳島ヴォルティスホームゲーム」開催に合わせ鳴門駅~徳島駅間に臨時列車を運転 !  → 詳細

 

III. 夏季多客列車
お盆期間中、ご利用の多い特急「しおかぜ」を8両編成で運転!  → 詳細
お盆の帰省に便利、特急列車を大杉駅に臨時停車! →詳細

 

IV. ゆうゆうアンパンマンカー増結列車
高松駅~徳島駅間、徳島駅~阿波池田駅間の特急列車に増結
「ゆうゆうアンパンマンカー」を運転!  → 詳細

 

V. その他
特急「しまんと」の一部列車で、運転区間を変更!  → 詳細