阪急阪神ホールディングスの角和夫社長は21日、東京都内で会見し、阪急神戸三宮駅ビルの建て替えについて「本年度内に神戸市との協議を終え阪神・淡路大震災から20年の節目となる来年中に着工したい」と語った。

 現在の駅ビル「神戸阪急ビル東館」(地下1階、地上3階)は、震災で全壊した駅ビルの「仮設」として利用してきた。建て替えで他線との乗り換えを便利にし、ホテルや商業・オフィスゾーンを含む高さ100メートル以上の複合ビルとする。

 また、同社が将来的に目指す阪急神戸線と神戸市営地下鉄西神・山手線との相互乗り入れに向けて、角社長は王子公園(同市灘区)‐神戸三宮間を地下化する考えを表明。

スポンサードリンク

三宮まで(地上に)線路がなくなることで、六甲山と海に挟まれた神戸に、宝のような土地が生まれる」と新しい土地の活用にも意欲を見せた。

より大きな地図で 三宮地区 再開発 予想 を表示


 神戸市営地下鉄との相互乗り入れの課題・・・

阪急が市営地下鉄に相互乗り入れを行うには、市営地下鉄側の現在環境は、平日・休日・ラッシュ時関係なく『21メートル車両×6両』で運行されている、阪急側の現在環境は、昼時は『21メートル車両×8両』ラッシュ時は『21メートル車両×8+2両』で運行されている事から、市営地下鉄はホーム延長が必要になるが…阪急特急のみ乗り入れの場合 予想される停車駅は湊川公園、新長田、板宿、名谷《名谷から西神中央まで各駅》が良い…地下駅でホームの延長は費用が掛かる事からなるべく阪急列車は止めない。名谷から先は既に駅の前後を延長している部分を使って行けば費用を抑えられる、広大なニュータウンとオリックスの球場・ヴィッセル神戸の本拠地があり多くの利用者が見込める事から名谷より西は各駅停車が良い。 阪急が西神中央に乗り入れを始めれば神鉄粟生線利用者が大幅に減り最悪廃線になり内陸部の交通弱者対策に伴う交通網の再整備が必要に、『兵庫県、神戸市、稲美町、三木市、小野市、明石市、阪急HD』が出資をして西神中央から延伸計画を復活するべきだ!!!

現在の神戸三宮駅や神戸高速鉄道との相互直通運転は廃止となる可能性もあるもっとも、2004年時点では神戸市側が難色を示しているという報道もあり、その後進展していなかった。2013年12月になって、神戸市長の久元喜造が阪急神戸線と神戸市営地下鉄西神・山手線の直通運転案の検討に入る考えを示したことが報じられている。

相互乗り入れで大阪へ行く?!

0