WEC世界耐久選手権のLMP1-Lクラスにフル参戦しているロータスは、6月に開催される今年のル・マン24時間への参加を取りやめることになった。

 昨年まではLMP2クラスを戦っていたロータスは今季、新型車両のT129にAER製のエンジンを搭載してハイブリッド非搭載のLMP1-Lクラスにエントリー。ただ、車両製作の遅れによりWECの開幕2戦を欠場していた。

ロータスが今季WECのLMP1-Lクラスに投入するT129・AER

 WECと同様に、ル・マン24時間にも当初からエントリーしていたロータスだったが、20日に発表された最新エントリーリストからはその名が削除されることに。英AUTOSPORT.comによると、車両のホモロゲーションがまだ完了していないためだという。

 とは言え、ACOフランス西部自動車クラブはロータスの将来的な参戦に向けて協力をしていると発表しており、9月に開催されるWEC第4戦オースティンにはロータスも参戦できるだろうとしている。また、レースに参戦こそしないものの、ル・マン24時間の会場にT129も登場するということだ。