米Microsoftは現地20日、Surfaceシリーズの新モデル「Surface Pro 3」を発表した。日本国内でも8月下旬までに発売される新モデルは、旧モデルの「Surface Pro 2」に比べてどこが進化したのか。スペックを比較して違いを見てみよう。

Surfaceシリーズの新モデル「Surface Pro 3」

Surface Pro 3の最大の特徴は、Surface Pro 2(以下、旧モデル)に比べてディスプレイが大きく、軽量化されたことだ旧モデルは10.6インチで約907g。これに対して、新モデルでは12インチとディスプレイサイズが大きくなったが、重量は800gと100gほど軽量化に成功している。

次にキックスタンドについてだ。旧モデルのキックスタンドは2段階角度可変だった。これが新モデルでは、0度から150度までの多段階角度可変に変更された。

Surface Pro 3Surface Pro 2
ディスプレイサイズ12インチ10.6インチ
ディスプレイ解像度2160×14401920×1080
アスペクト比3:216:9
サイズ292×201.3×9.1mm275x173x13.5mm
重量800g約907g
プロセッサ第4世代 Core i3/i5/i7第4世代 Core i5
ストレージ/RAM64GBもしくは128GB(RAMは4GB)、256GBもしくは512GB(RAMは8GB)
USBUSB 3.0
カメラフロント/リアともに5MP720p HDカメラ(2基)
OSWindows 8.1 Pro
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n
BluetoothBluetoorh 4.0LE
キックスタンド多段階角度可変(0~150度)2段階角度可変(24、40度)
Surfaceペン付属