スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは19日、スーパーGTクラスI(GT500)の空力パーツについて、第3戦オートポリス、第4戦スポーツランドSUGOの2戦は、本来富士スピードウェイで使用される“ロードラッグ仕様”の空力パーツを使用することを発表した。

 今季、スーパーGT500クラスはDTMドイツツーリングカー選手権と車両規定を統一化。共通形状のモノコックを使用するほか、多くのパーツをDTMと共通とし、コストを削減している。しかし、DTMと異なりGT500クラスでは高い燃費性能ながらパワフルでコンパクトな2リッター直4直噴ターボエンジンを採用、ワンメイクのDTMと異なりタイヤメーカーのコンペティションがあり、タイヤの性能が著しく高いなど、DTMと比べても非常にスピード域の高いGTカーとなっている。

オートポリスタイヤメーカーテスト ZENT CERUMO RC F

 すでにスーパーGTは第2戦富士まで終了しているが、第2戦後、既存サーキットの設備に対し新GT500車両の速度域が高すぎ、安全性に一抹の不安の声が挙がっていた。そこで、5月10日〜11日にスポーツランドSUGOで行われた公式テストでは、GT500車両に対し“タクシーライド”と呼ばれるダウンフォース削減のパーツが装着されるなど、さまざまなトライが行われていた。

 そんな中、5月31日〜6月1日にオートポリスで開催される第3戦に向け、GT500クラスの空力仕様がどの形になるのか注目を集めていたが、19日、GTアソシエイションは第3戦オートポリス、第4戦スポーツランドSUGOの2戦に関する空力パーツについて発表。この2戦では、本来富士スピードウェイで行われるレース用に開発された“ロードラッグ仕様”で争われることになった。