マクラーレンといえば、誰でもまずF1を思い浮かべるだろう。1988年、ホンダエンジンを搭載したマクラーレンは年間16戦中15勝を挙げたドライバーはもちろんアイルトン・セナ。このときのF1ブームは社会現象と呼べるほどだったから、40代より上の人なら、モータースポーツにまったく興味がなくてもマクラーレンの名は覚えているはずだ。

 

 そのマクラーレンが、本格的にロードゴーイングカーの分野に進出してきた。ライバルはもちろんフェラーリだ。マクラーレンのロードゴーイングカーは、グループ企業で1990年に設立された「マクラーレン・オートモーティブ」(旧称マクラーレン・カーズ)が担当している。この会社自体はすでに四半世紀の歴史があるわけだが、1994年に「マクラーレン・F1」を発売したのと、2003年にメルセデス・ベンツの「SLR マクラーレン」の生産を担当したのが、数年前までの実績のほぼすべて。生産モデルのパフォーマンスはすばらしくとも、ビジネスの規模としては細々としたものだった。

ウソかマコトか、ランボルギーニの2倍売る計画

ところが、2010年にその企業規模からは考えられないような莫大な投資を行い、最新鋭の新工場を建設。2011年に久々のニューモデル「MP4-12C」を、2012年に約1億円のプライスタグを付けた「P1」を発表した。さらに驚くべきことに、今後数年間で年間4,000台ほどの規模で生産を行うと発表したのだ。

4,000台とは、トヨタ・プリウスでいえば3日分の生産台数にも満たないがランボルギーニでいえば2年分だ。つまり、この分野に本格参入したばかりのマクラーレンは、数年でランボルギーニの2倍にまでその規模を拡大しようとしている。マクラーレンにとって最大のライバルとなるフェラーリは、2013年に約7,000台を生産している。ただし、フェラーリのラインアップはランボルギーニやマクラーレンの比ではない。ミッドシップ2シーターだけでなくフロントエンジンのモデルもあるし、4シーターだってあるのだ。

年間4,000台を達成するには、ラインアップの拡充が絶対条件。マクラーレンはどうやら、これから矢継ぎ早にニューモデルを投入してくるようだが、その尖兵ともいえるのが「650S」だ。ラインアップでの立ち位置としては、「P1」と「12C」の中間となる「650S」だが(蛇足だが、マクラーレンはネーミングに一貫性を持たせるつもりはないのだろうか?)、すでに限定台数を完売している「P1」はラインアップにないのと同じとなると、実質的に主力モデルとして、マクラーレンの販売を牽引していくのが「650S」の任務といえる。