リ ン ク 元

5月15日にOS X Mavericksの最新アップデート「10.9.3」がリリースされました。以前、開発者向けに配布された「10.9.3β」の話題を取りあげましたが(アップルの「Thunderbolt Display」はそろそろ4K対応するのかな?)、アップデートの大きなポイントは、「MacBook Pro 15インチ Retina ディスプレイ(Late 2013)およびMac Pro(Late 2013)での4Kディスプレイサポートの強化」です。

広田氏のMac連載で触れたように(「Macで4Kクラスの超高解像度ディスプレイを試す」)、15インチMacBook Pro Retinaで4Kディスプレイを使用する場合、OS X 10.9.2ではHiDPI表示ができないために表示が細かすぎて実用には厳しいという問題がありました。

同連載を執筆するために勢いでデルの「UP2414Q」を購入してしまった広田氏は、「13万円の置物を買った」「しかも値下げされてるしはーまじはー」などとことあるごとにグチを言っていたのですが、今回のOS X 10.9.3がリリースされた.

OS X 10.9.3にアップデートした15インチMacBook Pro Retinaでデルの「UP2414Q」に接続

デスクトップ拡張は3008×1692ピクセル表示が最大ですが、通常使う1920×1080ピクセルのRetina表示で文字がシャープになり、非常に快適な環境になったということです。「高価な置物がメチャ役立つアイテムに。(UP2414Qは)24インチでサイズも手ごろだし、IPSで見やすいのでオススメ」(広田氏)とコメントしてくれました。