近畿日本鉄道(近鉄)と大阪府、東大阪市は5月16日、近鉄奈良線で実施している連続立体交差事業(連立事業)について、9月21日の初発から上り線(大阪難波方面)を高架線に切り替えると発表した。これにより上下線とも高架化が完了する。

この連立事業は、大阪府を事業主体とする都市計画事業。東大阪市内の近鉄奈良線八戸ノ里~瓢箪山間4.6kmのうち約3.3kmを高架線に変更し、若江岩田・河内花園・東花園3駅を高架化する。1992年9月に都市計画が決定し、1993年2月の事業認可を経て2003年1月から工事に着手。2010年5月30日に下り線(近鉄奈良方面)が高架線に切り替えられた。

高架化工事がほぼ完了しつつある近鉄奈良線の若江岩田~河内花園間(5月8日)。

 

1.大阪難波方面(上り線)高架切替日

平成26年9月21日(日) 始発列車から
(なお、当日悪天候の時は延期する場合あり)

2.大阪難波方面(上り線)高架切替区間
近鉄奈良線・八戸ノ里(やえのさと)から瓢箪山(ひょうたんやま)までの間 約3.3km

3.連続立体交差事業の概要
(1)事業の種類 都市計画事業
(2)事業施行者
①事業主体 :大阪府
②用地買収および側道工事など:東大阪市
③鉄道工事 :近畿日本鉄道株式会社
(3)事業区間 近鉄奈良線・八戸ノ里~瓢箪山 約3.3km
(4)高架化される駅:若江岩田駅・河内花園駅・東花園駅
(5)交差道路数 15箇所
(6)廃止踏切数 9箇所
(7)これまでの経緯
平成 4年 9 月 :都市計画決定
平成 5年 2 月 :事業認可
平成15年 1月 :工事着手
平成17年 4月 :大阪難波方面(仮上り線)切替完了
平成17年12 月 :近鉄奈良方面(仮下り線)切替完了
平成22年 5月30日 :近鉄奈良方面(下り線)高架化完了
平成26年 9月21日 :大阪難波方面(上り線)高架化完了