リ ン ク 元


BMWのサブブランド「BMW i」からデリバリーが開始されたばかりの「i3」と今夏以降発売予定の「i8」。今回は、これらの発売に合わせてデザインされた太陽光発電機能を持つ「ソーラーカーポート」をご紹介しよう。

「持続可能な次世代モビリティ」を研究する「プロジェクト i」の一環として開発され、既存のBMWのラインナップとは一線を画したi3とi8。そんな両車用に、米カリフォルニアにあるBMWグループ・デザインワークスUSAが”地球にやさしく“をモットーにデザインしたのがこの太陽光発電を行うカーポートだ。

プロジェクト i i3とi8

カーポートの側面部分にはi3やi8と同様のカーボンファイバー強化樹脂が使われ、支柱部分には成長が早く、”持続可能“な植物である竹を配し、屋根に太陽光パネルを取り付けている。もちろん太陽光だけでは全ての必要電力を供給できないため、急速充電器も取り付けられており、充電に使用された太陽光電力と充電器からの電力の比率まで教えてくれるという。

 


BMW・i8
BMW・i8
BMW i8 IAA 2013 04.jpg
販売期間2014年 –
全長4,700 mm
全幅1,940 mm
全高1,300 mm
ホイールベース2,800 mm
-自動車のスペック表-
BMW・i3
BMW・i3
BMW i3 – Frontansicht, 14. September 2013, Frankfurt.jpg
販売期間2014年 –
全長3,999 mm
全幅1,775 mm
全高1,578 mm
ホイールベース2,570 mm
-自動車のスペック表-