スーパーGTの公式テストは10日、1日目のセッションがスポーツランドSUGOで行われ、午前はPETRONAS TOM’S RC Fが、午後はMOTUL AUTECH GT-Rがトップタイムをマークした。GT300クラスはSUBARU BRZ R&D SPORTが午前、午後ともトップタイムとなっている。

SUGO公式テスト PETRONAS TOM’S RC F 前回富士ではGT500クラスデビューした平川選手次戦で学んで事発揮出来るのか???

 5月末のスーパーGT第3戦オートポリス、そして第4戦SUGOを見据えてのテストとなるスポーツランドSUGOでの公式テスト。今回のテストは一般公開されていることもあり、晴天に恵まれた1日目は朝から多くのGTファンがサーキットに訪れた。

 そんな中、10時からスタートした午前のセッション。GT500クラスが15台GT300クラスは11台が参加しており、富士で火災に見舞われたS Road MOLA GT-Rも、消火の対応が良かったようでダメージはそこまでひどくなく、無事にテストの走行を開始した。

SUGO公式テスト MOTUL AUTECH GT-R 前回富士では途中トップを走行中に突如止まった。

SUGO公式テスト ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT 前回富士では、NSX勢で1台生き残って1ポイント獲得している。

 今回のテストではGT500クラスの強力なダウンフォースに対し、エアロパーツでどう対策されるかに注目が集まったが、午前はレクサスRC F、ホンダNSXコンセプト-GTが本来SUGOで使用するハイダウンフォース仕様、そして富士用のロードラッグ仕様、さらに、ハイダウンフォース仕様でディフューザーにガーニーフラップを装着する“タクシーライド”仕様と3パターンをトライ、ニッサンGT-R勢は“タクシーライド”仕様のみで走行したようだ。