2014 AUTOBACS SUPER GT第2戦『FUJI GT 500km RACE』決勝レースが、5月4日、富士スピードウェイ(1周4.563km×110周)で行われた。5万7,200人もの大観衆が見守る中、随所にサイド・バイ・サイドの好バトルが展開。ポールポジションからスタートしたNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)もいくつかのトラブルに遭遇するが、それを乗り越えて優勝した。

ゴールデンウィークのただ中、好天に恵まれた富士スピードウェイは20度を超える気温で絶好のレース観戦日和。14時ちょうど、500kmに渡る長丁場の決勝が始まった。ポールポジションのNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが好スタート。それに予選2位のNo.46 S Road MOLA GT-Rの本山哲が続く。スタートから3周は大きな変動がなかったが、以後はサバイバルレースの様相に。好調の日産GT-R勢では、2番手走行のNo.46 S Road MOLA GT-Rが車両火災。一時トップを走ったNo.23 MOTUL AUTEC GT-Rもトラブルでスローダウンして緊急ピットイン。常に1、2番手を走っていたカルソニックIMPUL GT-Rも安田裕信が走行した時には、GT300クラスの接触に巻き込まれ、左フロント部分を破損する。だが、安田も終盤を担当したデ・オリベイラも傷付いたGT-Rを巧みに操り、トップをキープ。終盤のデ・オリベイラもタイヤにゴミが付着し、振動に悩まされた。しかし、最終的には2位となった昨年のチャンピオンNo.1 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/平手晃平組)に25秒近い大差を付けて、逃げ切り。往年の名レーサーである“闘将”星野一義監督に、今季初勝利をプレゼントした。
安田にとってはGT500クラスで3勝目、デ・オリベイラは8勝目となる。今季GT500クラスは3車種すべてが新型車となったが、2014年型の日産GT-Rにとっては初勝利となった。

GT500デビューとなる平川選手は、カルソニックのピットアウト直後、横からカルソニックを抜いたPETRONASはGT300クラスのGAINER DIXCEL SLSと接触! 両車ともスピンし、タイヤにダメージを負ったPETRONASは直後コースアウト厳しいデビュー戦となった。

今回特に不調なのは、ホンダNSXコンセプト-GT勢で、5台全車がレース途中でコース上にストップするなど苦しい戦いに。最終的にウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTが10位という結果にはなったが、トップから15周遅れだった。

 

GT500クラス

No.12 カルソニックIMPUL GT-R
安田裕信 
「優勝は久しぶりで、本当に嬉しいです。今日はJP(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)がすごくいいペースで走ってリードを拡げてくれましたが、ピットインでタイヤ交換した時に少しタイムロスしてレースに復帰した時には4番手でした。そこから軽いクラッシュもあったし、タイヤのピックアップにも悩まされましたが、最終的には20秒以上も(後続を)ぶっちぎって、TEAM IMPULらしい初優勝ができました。本当に嬉しいです」

ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
「今日はストレスの溜まるレースでした。大きなギャップ(差)を作って走る、という戦略は完璧でしたが、その度にセーフティカーが入ってきてリードは台無しにされてしまいました。最後のスティントでもタイヤのピックアップ(ゴムカスが付着すること)が多くて、左フロントの下からコトコトと、飛ばされたタイヤカスがフェンダーに当たる音がして、これはだめになるかもしれないな、と心配していました。でも、何とか走りきって優勝することができました。前回の3位入賞と合わせてポイントリーダーになって、とても嬉しいです」

一時は後退したが...最後はトップで帰ってきたカルソニックIMPUL GT-R

今回不調の中生き残ったNSXはたった1台のみ...ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT

 

 GT300クラスはポールのB-MAX NDDP GT-Rがスタートを決めSUBARU BRZ R&D SPORTをリードする一方、その後方では、IWASAKI apr GT-Rを駆る岩崎祐貴が素晴らしいスタートでARTA CR-Z GTをパス。勢いに乗る岩崎はBRZもかわしていくが、BRZは序盤ペースが上がらず、少しずつポジションを落としてしまう。レースは序盤GT-Rのワン・ツーとなり、そこにヨルグ・ミューラー駆るStudie BMW Z4が続いていった。

 しかし、4周目の1コーナーで中団グループで国立音ノ木坂学院NACポルシェwith DRと争っていたマネパ ランボルギーニ GT3がアウト側にコースアウトし、激しくフェンスにクラッシュ。ドライブしていた青木孝行は自らマシンを降りることができたが、セーフティカーが導入された。

 SC再開後、上位陣はB-MAX、IWASAKI、Studie、OGT Panasonic PRIUS、そしてシンティアム・アップル・MP4-12Cという5台による激しいバトルが展開されていくが、直後GT500クラスのS Road MOLA GT-Rが火災に見舞われたため、2回目のセーフティカーが。ここで上位陣はBMW勢やGT-R勢など、FIA-GT3勢がピットへ。一方で、プリウスとシンティアムMP4-12Cはステイアウトし、コース上の勝負へ。23周目、シンティアムを駆る加藤寛規がプリウスをかわしトップに浮上した。

 その後、シンティアムは44周目までピットインを引っ張り高橋一穂に交代したが、ダンロップシケインでプリウスと接触してしまうシーンも。各車が一度目のピットインを終えると、首位は再びB-MAXに。それにSC中のピットで有利な位置につけたGAINER DIXCEL SLSが続き、ピット作業の速さを活かしたグッドスマイル 初音ミク Z4が浮上していた。

GT300クラスでは、何度もトップが変わる目まぐるしい展開となる。その中、予選9位のNo.4 グッドスマイル 初音ミク Z4(谷口信輝/片岡龍也組)が、レース巧者ぶりを発揮して、着実にポジションアップして終盤には2番手に。No.11 GAINER DIXCEL SLSの猛攻を受けるも、それをしのぐ中、ラスト8周となったところでトップを行くNo.0 MUGEN CR-Z GTが痛恨のスピン。これでトップに立ったグッドスマイル 初音ミク Z4が開幕戦岡山に続く連勝を決めた。

GT300クラス

No.4 グッドスマイル 初音ミク Z4
谷口信輝
「最高に嬉しいです。開幕戦に続いて連勝することができましたが、予選結果(9位)から見ても、正直今回は(優勝は)厳しいと思っていました。でも速いライバルがトラブルに見舞われたり、スピンで自滅していったのと、片岡(龍也)が図太く、いい仕事をしてくれたおかげで優勝することができました。チャンピオンを獲るためにレースをしているので、最高の滑り出しになりました。これからはウェイトハンデも重くなりますが、少しでも上でゴールして1ポイントでも多く獲る。そんな地味でしぶといレースを続けていきます」

 片岡龍也

「最初のスティント(走行機会)では、序盤は淡々と走って後半、いいポジションにいたら、がんばって表彰台の一角に…なんて思っていました。最後のスティントに入ったら(実質)3番手で『これは(優勝を狙う)勝負かな』と思っていたら、アウトラップでちょっとタイヤを痛めてみたいで苦しい展開になりました。それでもトップを行く0号車がスピンで遅れてトップに立って、背後に迫ってきたビヨン(No.11 ビルドハイム)に抜かれないことだけを考えてチェッカーまで走りました。トップのままチェッカーを受けることができてホッとしています」

岡山から2連勝...優勝したグッドスマイル 初音ミク Z4と最後まで首位を窺ったGAINER DIXCEL SLS

冒頭クラッシュして前面が大破したマネパ ランボルギーニ GT3 モノコックの破損具合が危惧される。

スポンサードリンク

スーパーGT第2戦富士決勝レース結果(GT500)

天候:晴れ 路面:ドライ

Pos.No.CarDriverTireLapsGridQualify
112カルソニックIMPUL GT-R安田 裕信/J-P・デ・オリベイラBS11011’28″799
21ZENT CERUMO RC F立川 祐路/平手 晃平BS11051’29″525
36ENEOS SUSTINA RC F大嶋 和也/国本 雄資BS110101’30″650
424D’station ADVAN GT-RM.クルム/佐々木 大樹YH11061’29″558
537KeePer TOM’S RC F伊藤 大輔/A.カルダレッリBS11081’29″987
639DENSO KOBELCO SARD RC F石浦 宏明/O.ジャービスBS11071’29″824
719WedsSport ADVAN RC F脇阪 寿一/関口 雄飛YH10991’30″399
823MOTUL AUTECH GT-R松田 次生/R.クインタレッリMI10931’29″380
936PETRONAS TOM’S RC FJ.ロシター/平川亮BS10941’29″510
1018ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT山本 尚貴/J-K.ベルネイMI95111’30″986
R32Epson NSX CONCEPT-GT中嶋 大祐/B.バゲットDL56141’31″969
R100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT小暮 卓史/武藤 英紀BS42131’31″419
R8ARTA NSX CONCEPT-GTV.リウッツイ/松浦 孝亮BS41151’32″477
R46S Road MOLA GT-R本山 哲/柳田 真孝MI1821’29″272
R17KEIHIN NSX CONCEPT-GT塚越 広大/金石 年弘BS2121’31″061

ファステストラップ:カルソニックIMPUL GT-R 1’30″498

※CarNo.36(平川亮)はSUPER GTSporting Regulations第2章第27条1.b.(他の競技車両のコースアウトを強いるもの)違反により、ドライビングスルーペナルティを科した。(裁定時刻 15:48)

スーパーGT第2戦富士決勝レース結果(GT300)

Pos.No.CarDriverTireLapsGridQualify
14グッドスマイル 初音ミク Z4谷口 信輝/片岡 龍也YH10291’38″635
211GAINER DIXCEL SLS平中 克幸/B.ビルドハイムDL102131’39″017
30MUGEN CR-Z GT中山 友貴/野尻 智紀BS10251’38″320
47Studie BMW Z4J.ミューラー/荒 聖治YH10261’38″323
53B-MAX NDDP GT-R星野 一樹/L.オルドネスYH10211’37″841
631OGT Panasonic PRIUS新田 守男/嵯峨 宏紀YH10271’38″408
72シンティアム・アップル・MP4-12C高橋 一穂/加藤 寛規YH101101’39″448
865LEON SLS黒澤 治樹/峰尾 恭輔/黒澤翼YH101221’39″850
967STP タイサン GAIA POWER GT-R横溝 直輝/密山 祥吾YH101181’39″653
1030IWASAKI apr GT-R岩崎 祐貴/影山 正美YH10141’38″204
1122グリーンテック SLS AMG GT3和田 久/土屋武士YH101201’39″766
1261SUBARU BRZ R&D SPORT佐々木 孝太/井口 卓人MI10121’38″034
139国立音ノ木坂学院NACポルシェwith DR白坂 卓也/坂本祐也/飯田太陽YH100121’39″704
1421Audi R8 LMS ultra藤井 誠暢/C.バンダムYH100211’39″826
1550WAKO’S Exe Aston Martin加納 政樹/安岡 秀徒/N.インドラ-パユーングYH100191’39″692
16360OKINAWA IMP・RUN UP GT-R田中 篤/吉田