WEC世界耐久選手権は3日、第2戦スパ・フランコルシャン6時間の決勝レースが行われ、アンソニー・デイビッドソン/ニコラス・ラピエール/セバスチャン・ブエミ組の8号車トヨタTS040ハイブリッドが開幕戦に続き2連勝を挙げた。

前日の予選では、16年ぶりに耐久レースのトップクラスに“復帰”したポルシェの14号車ポルシェ919ハイブリッドが、ダンプコンディションの予選を制して参戦2戦目にしてポールポジションを獲得した。

迎えた6時間の決勝レースは、雨がらみとなった前日とは打って変わってドライコンディションで推移。14号車ポルシェがレース序盤をリードし、予選2番手の8号車トヨタは10秒以内の差で首位を追う展開となった。

首位争いを見せたものの、トラブルにより4位となった14号車ポルシェ919ハイブリッド

2位を争った1号車アウディR18 e-トロン・クワトロと7号車TS040ハイブリッド

14号車ポルシェは、8号車を追って2番手を走行していたものの、レース開始から3時間30分というところで突如スローダウン縁石に乗り上げた際にマシンの電子システムにトラブルが発生した模様で、コクピット内の操作でシステムを一度リセットしペースを取り戻すが、その間にラップダウンを喫して4番手に。優勝争いからは脱落してしまった。

 8号車トヨタは、14号車ポルシェが2時間経過を前に2度目のピットストップを行った際にハイペースで差を縮めて首位を奪取。その後もリードを拡大し、中盤以降はレースを支配。後続に1分以上の差をつけて6時間で171周を走破し、開幕戦シルバーストンでの勝利に続き2連勝を果たした。

8号車トヨタTS040ハイブリッド 2連勝とルマン24時間へ勢いづく!!

WEC第2戦スパ 91号車ポルシェ911 RSR



Video streaming by Ustream