日本最大級の動画サービス「niconico」の超巨大イベント「ニコニコ超会議3」が、27日まで幕張メッセで開催された。今年の鉄道ブースは、「向谷実 Produce 超鉄道縁日」として、各種イベントや鉄道グッズ販売を実施している。

今年も「ニコニコ超会議号」が運転された「超鉄道縁日」にヘッドマークも展示

「ニコニコ超会議3」の開催に先立ち、今年も24系ブルートレイン「ニコニコ超会議号」の特別運行が行われ、一夜かけて大阪~上野間(長岡経由)を走行。向谷実氏(音楽プロデューサー、音楽館代表取締役)や野月貴弘氏(SUPER BELL”Z)も同行した。

ニコニコ生放送での「ミノル寝たの?」のコメントに、「4時間くらい寝ましたね」と向谷氏。幕張に到着した後、「ごはん食べながら昏倒しました(笑)」と も話していた。一方の野月氏は、「今年はすごかった。僕もついに長岡駅まで起きて、機関車交換まで見てしまいました」と振り返った。

「超鉄道縁日」出展企業のおすすめ商品を向谷氏が紹介するコーナーも

「超鉄道縁日」のステージでは、ホリプロマネージャーの南田裕介氏も加わり、久野知美さんの司会で、「鉄道バラエティショー」を開催。ニコ生のアン ケート機能を利用し、鉄道関連の二者択一問題で50対50をめざす企画「鉄道フィフティー・フィフティー」も行われた。途中、「青春18きっぷで行きたい 路線」の質問で盛り上がり、山陰本線、函館本線、土讃線、肥薩線など、全国の風光明媚な路線名も登場。そんな中、高山本線を「高山本戦」と打ち間違えるミ スもあり、「やる気だw」「戦うのかw」と視聴者からもツッコミが。