JR東海は東海道新幹線で導入を進めている新型自動改札機について、5月25日から品川駅で使用を開始すると発表した。

従来の自動改札機は使用開始から約10年が経過しているため、東海道新幹線17駅295通路すべてで新型改札機への入替えが行われることに。JR東海は品川駅を導入第1弾として、今年度下半期から2016年度上半期にかけて、東海道新幹線全駅に順次導入していく考えだ。

JR東海は東海道新幹線で導入を進めている新型自動改札機について、5月25日から品川駅で使用を開始すると発表した。

 1.対象駅・改札通路数
  東海道新幹線 全駅(17駅) 計295通路
 
2.スケジュール
  平成26年5月25日より品川駅で使用開始
  平成26年度下半期~平成28年度上半期
   東海道新幹線全駅に順次導入

3.主な改良点
  お客さまへの案内画面をよりわかりやすくするとともに、きっぷのお取り忘れを防止するため、
   ライトによる表示でご案内をします。
  機器本体をスリム化することにより、通路幅を最大で4cm拡張し、大きな荷物をお持ちのお客さまにも、
   ご利用いただきやすくします。(設備上の制約がある場所を除く)
  ・待機時の電力使用量を、現行機比、約30%削減します。

4.工事費
  約52億円(概算)


 

※詳細は別紙をご覧下さい。

「東海道新幹線 新型自動改札機への取替について」 ( 176kb / PDFファイル)

Adobe Readerのダウンロード
ニュースリリースの詳細をPDFでご提供させていただいている場合がございます。

PDFをご覧になるために最新のAdobe Readerをダウンロードしてください。