スーパーGTのタイヤメーカーテストが22日から、第3戦の舞台であるオートポリスで開催され、GT500クラスは6台、GT300クラスは2台が参加した。1日目は午前はMOTUL AUTECH GT-Rが、午後はカルソニックIMPUL GT-Rがトップタイムをマークした。

 

MOTUL AUTECH GT-R

ZENT CERUMO RC F

クラッシュしたRAYBRIG NSX CONCEPT-GT

 

スーパーGT オートポリスタイヤメーカーテスト 4/22 AMタイム

PosClassNoCarTimeLap
1GT50023MOTUL AUTECH GT-R1’35″67336/38
2GT50012カルソニックIMPUL GT-R1’35″81933/40
3GT5001ZENT CERUMO RC F1’35″88926/40
4GT50018ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT1’35″99130/51
5GT50032Epson NSX CONCEPT-GT1’36″36721/28
6GT500100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT1’36″66223/32
7GT30061SUBARU BRZ R&D SPORT1’45″9826/30
8GT3000MUGEN CR-Z GT1’46″51914/49

スーパーGT オートポリスタイヤメーカーテスト 4/22 PMタイム

PosClassNoCarTimeLap
1GT50012カルソニックIMPUL GT-R1’35″15123/41
2GT50023MOTUL AUTECH GT-R1’35″4059/51
3GT50018ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT1’35″63715/36
4GT5001ZENT CERUMO RC F1’35″72516/49
5GT500100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT1’36″82512/18
6GT50032Epson NSX CONCEPT-GT1’36″98221/48
7GT30016MUGEN CR-Z GT1’45″6758/47
8GT3000SUBARU BRZ R&D SPORT1’45″75817/19