WEC世界耐久選手権のLMP1クラスで技術的な均衡を図るための“イクビアランス・オブ・テクノロジー(EoT)”の開幕3戦の数値が発表された。ここまで公開されていた数値と比べると、ガソリンエンジン搭載車の数値が上昇している一方、ディーゼルエンジン搭載車は下方修正を受けている。

WEC公式テスト開幕。復帰のポルシェが初日首位(5)

 今季WECのLMP1クラスでは、ワークスチームにハイブリッドシステムの搭載を義務付けた新たな車両規則が導入。また、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンなど異なる技術が同じフィールドで争う中で、各技術の勢力を均衡化するため、EoTと呼ばれる性能調整が実施される。

 調整は、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンで大別されているほか、ハイブリッドシステムで1周あたりに放出することのできる電気エネルギー量(2MJ/4MJ/6MJ/8MJ)によってその値が変わってくる。今回発表になったEoTでは、全体としてガソリンエンジンに対する数値が緩和された一方、ディーゼルエンジンに対しては下方修正がなされている。

 ガソリンエンジンを搭載するトヨタとポルシェはともに6MJを選択しているが、1周あたりの“燃料での放出エネルギー量”が、これまで公表されていた137.5MJから、139.5MJへと上昇(=1周あたりの燃料使用量が増加)。また、燃料搭載量も66.9リッターから68.3リッターへと僅かに上昇している。