日本時間の明日、4月9日をもって長年愛されたWindows XPのサポートが終了します。

マイクロソフトは、もう本当に心の底からXPの乗り換えを進めていて、この日を待ちに待っていたことでしょうね。

2001年のリリースからはや12年。未だにXPを使っている人がいたら、教えてあげてください。「明日で終わりだぜ」ってね。

20140408goodbyewindowsxp.jpg

 Windows XPとOffice 2003、Internet Explorer 6のサポートが2014年4月9日(日本時間)に終了します。しかし、中小企業を中心にさまざまな理由から新OS(Windows 7以降)へ乗り換えられない企業も多いようです。

 サポートが終了すると何が起こるのでしょうか? まず、4月9日以降にWindows XPとOffice 2003を狙う攻撃が発生した場合でも、マイクロソフトは修正プログラムを提供しません。継続利用者は、セキュリティ上の欠陥を放置するか、自力で防御策を講じる必要があります。

IPA「サポート期間中」と「サポート期間終了後」の違いのイメージ図(出典:IPA)

 情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターによれば、このような状態でWindows XPおよびOffice 2003を使い続けると、

と警告しています。

 例えば、銀行口座のIDとパスワードを盗まれたり、迷惑メールを送信するための“踏み台”として使われたり、遠隔操作によってPCを乗っ取られたりする可能性があります。

“”特に企業の場合”…情報漏えいでの損害のより新型パソコン導入の方が格安で済む事からXPの使用を直ちに中止を激しく推奨する。