新時代の幕開けを告げる2014年のスーパーGT開幕戦、第1戦岡山は6日81周の決勝レースが行われ、予選6番手からスタートした伊藤大輔/アンドレア・カルダレッリ組KeePer TOM’S RC Fが、不安定な天候のレースを制し、新規定GT500車両での最初の優勝を飾った。

グリッド時の気温は8度。路面温度20度

今季からGT500で採用されたカーボンブレーキは、加温しなければ制動力を発揮しないため心配された1コーナーだが、GT500全車が無事にクリア。しかし、1周目のリボルバーコーナーでPETRONAS TOM’S RC FとMOTUL AUTECH GT-Rがヒットしたか揃ってスピン。MOTULは一時コース上に接触してしまい、後続のGT300勢はパニック状態に陥るも接触はなし。両車とも大きく遅れたが、コースには復帰した。

14年SGT開幕勝者はKeePer! RC F同士の戦い制す(3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 昨年までのGT500車両とは明らかに異なるコーナリングを見せながらレースを展開していく新GT500車両は、7周目にはGT300クラスの集団に突入していく。一時、S Roadを駆る本山哲が大嶋に迫っていくが、カルソニックの後退で余裕があるENSOSは着実に300の集団をパスしていった。

 しかし、15周を過ぎる頃になると上空が一気に暗くなりはじめた。19周目には、ストレートでもかなり強めの雨が落ち始める。この雨で路面は一気に濡れていくが、大嶋をはじめほとんどの車両はピットに向かわない。一方、雨でガクリとペースが落ちたのは2番手S Roadの本山。20周目にはKeePer RC FがS Roadをかわすと、翌周にはカルソニックもS Roadをパス。たまらず23周目に本山はピットへ向かうが、無情にも雨はすぐに上がってしまった。

14年SGT開幕勝者はKeePer! RC F同士の戦い制す初音ミクZ4が開幕勝利! BMW Z4がワン・ツー飾る

 先頭を争う2台のうち、先に動いたのはKeePer。36周目にピットに向かうと、カルダレッリから伊藤大輔にスイッチ。翌周にはENEOSもピットに向かい、大嶋から国本に交代した。ここでチームルマンは素早い作業を行い、国本を先頭で送り出すが、伊藤は終盤に向けてジワジワと国本との差を詰めていく。ベテランらしく虎視眈々と首位を狙える位置につけると、チャンスがあれば近づきながら、それでも無理はせず国本に迫っていく。

 そんな2台の戦いに決着がついたのは55周目。アトウッドコーナーを立ち上がった国本の加速がにぶり、KeePerが一気に横からパス! ENEOSはなんらかのトラブルが発生したか、ペースが上がらない。直後、トラブルが解消したか通常のレースペースに戻ることとなったが、時すでに遅し。KeePerが首位、ENEOSが2番手、3番手にカルソニックというオーダーに変化した。

新規定GT500クラス最初のレースでトップでチェッカー! KeePer TOM’S RC Fが優勝を飾った。伊藤にとっては12年SUGO以来の勝利、カルダレッリは嬉しいスーパーGT初勝利となった。

「雨が降ったりハラハラした展開でしたが、自分を信じて走りました」と笑顔の伊藤。また、カルダレッリも「自分のパートはトリッキーだったけど、優勝だけを目指していた。伊藤選手が勝利を獲得してくれて嬉しいよ」と喜んだ。

    スーパーGT第1戦岡山決勝レース結果(GT500)

    天候:曇り/雨/晴れ 路面:ドライ/ウエット/ドライ

    Pos.No.CarDriverTireLapsGridQualify
    137KeePer TOM’S RC F伊藤大輔/A.カルダレッリBS8181’21″011
    26ENEOS SUSTINA RC F大嶋和也/国本雄資BS8111’19″404
    312カルソニックIMPUL GT-R安田裕信/J-P・デ・オリベイラBS8171’20″176
    439DENSO KOBELCO RC F石浦宏明/O.ジャービスBS8121’19″474
    518ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT山本尚貴/J-K.ベルネイMI81111’20″661
    617KEIHIN NSX CONCEPT-GT塚越広大/金石年弘BS8191’20″530
    723MOTUL AUTECH GT-R松田次生/R.クインタレッリMI8141’19″777
    88ARTA NSX CONCEPT-GTV.リウッツイ/松浦孝亮BS81141’21″100
    9100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT小暮卓史/武藤英紀BS8051’19″804
    1046S Road MOLA GT-R本山哲/柳田真孝MI8061’19″906
    1119WedsSport ADVAN RC F脇阪寿一/関口雄飛YH80131’20″945
    1224D’station ADVAN GT-RM.クルム/佐々木大樹YH80121’20″927
    1336PETRONAS TOM’S RC F中嶋一貴/J.ロシターBS7931’19″574
    141ZENT CERUMO RC F立川祐路/平手晃平BS77101’20″564
    1532Epson NSX CONCEPT-GT中嶋大祐/B.バゲットDL75151’21″306
    ベストラップ:ENEOS SUSTINA RC F 1'21"977 2/81
    フォーメーションラップ中の隊列が整わなかったため、フォーメーションラップを1周追加し、2014 SUPER GT SpR 第2章 第25条17に基づき、決勝レースを1周回減算し81周とした。

    No.37は、2014 SUPER GT SpR第37条 3(パークフェルメへの立ち入り)違反により、訓戒とする。[16:55]