2014年のスーパーGT開幕戦は4日、岡山国際サーキットで公式予選が行われ、GT500クラスはENEOS SUSTINA RC Fがポールポジションを獲得。GT300クラスはOGT Panasonic PRIUSがポールを獲得した。

 土曜日から多くのファンが見守る中、いよいよ公式予選を迎えたスーパーGTの今季開幕戦の岡山。シーズンオフでのテストでは判断しきれなかった各陣営の勢力図が明確に分かるセッションとも言えた。事前の天気予報では雨の可能性もあった予選日だが、晴天の下予選を迎えた。

今季最初のPPはENEOS RC Fが獲得! 300はプリウス(1)

■Q1:~■Q2:『500クラス』

GT500クラスのQ1。ほとんどのマシンは残り10分と言うところでコースインしていく。昨年までのGT500クラスでは残り7分でのコースインというのが通常だったが、3分余裕をみているのはやはりカーボンブレーキの加温に時間が必要というところだろう。

 ターボならではのエキゾーストサウンドに少しずつ高周波の音が混じり始め、各車がアタックを開始していく。まず1分20秒314というタイムをマークしてきたのは、ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTを駆る山本尚貴。しかし、直後に松田次生が駆るMOTUL AUTECH GT-Rがついに1分19秒台へ! チェッカーが近づくとともに、各車が続々と1分19秒台をマークしてきた。

 そんな中、Q1のトップタイムをマークしたのは伊藤大輔駆るKeePer TOM’S RC F! 次いで安田裕信駆るカルソニックIMPUL GT-Rが2番手に続き、MOTULが3番手。4番手にはENEOS SUSTINA RC Fという結果となった。上位は非常に接戦となり、レクサス、ニッサンが3台ずつ、ホンダが2台Q2進出と、Q1では3メーカーの差も拮抗。一方、前年王者ZENT CERUMO RC FやRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがQ1敗退を喫している。

続く…予選Q2。翌日の決勝レースも見据えたタイヤチョイスが求められる中、各車が再び慎重にウォームアップを行いながら周回を重ねていく。そんな中、いきなりENEOS SUSTINA RC Fを駆る大嶋和也がこれまでのコースレコードをブレイクする1分19秒404をマーク! 一気にライバルにプレッシャーをかけていく。

 大嶋は1周でアタックを決めピットへ戻り、タイヤを温存。他のマシンのアタックを待つこととなった。大嶋に続いてきたのは、PETRONAS TOM’S RC F、KeePer TOM’S RC Fというトムス勢。しかし、これに本山哲駆るS Road MOLA GT-Rが割って入ってくる。

 さらに、大嶋と本山の間に入ってきたのはジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ駆るカルソニックIMPUL GT-R。しかし大嶋のタイムには0.070秒届かず、オリベイラはPP獲得を目指し翌周もアタックを敢行するが、それでも及ばず。ENEOS SUSTINA RC Fが見事に開幕戦のポールポジションを獲得することとなった。

 2番手にはカルソニックIMPUL GT-Rが続き、S Road MOLA GT-Rが3番手。4番手にはPETRONAS TOM’S RC Fが続いた。ホンダNSXコンセプト-GT勢の最上位は、KEIHIN NSX CONCEPT-GTの7番手となっている。

ついにスーパーGT開幕! 公式練習はGT-R上位独占

■Q1:~■Q2:『300クラス』

予選Q1のペースを握っていったのはグッドスマイル 初音ミク Z4を駆る谷口信輝。真っ先に1分27秒台に入れ、しばらくタイミングモニターのトップにつけていたが、残り6分というところでそのタイムをコンマ6秒を上回ってきたのは、同じBMW Z4 GT3を駆るStudie BMW Z4の荒聖治。

 結局、ただひとり26秒台をマークした荒のStudie BMW Z4がトップでQ2に進出。谷口、ARTA CR-Z GTを駆る小林崇志が3番手に続き、加藤寛規のシンティアム・アップル・MP4-12Cが4番手。井口卓人のSUBARU BRZ R&D SPORTが5番手となった。

Q1の開始当初と異なり、曇天でスタートしたQ2。混戦のGT300クラスの中で誰がポールポジションを獲得するか注目のセッションとなったが、各車念入りにウォームアップを重ねていく中で、まずは新田守男駆るOGT Panasonic PRIUSが1分27秒台をマークしていく。それに続き、WTCCで岡山を走った経験をもつヨルグ・ミューラーが駆るStudie BMW Z4が続いていく。


 そんな中、グッドスマイル 初音ミク Z4を駆る片岡龍也、そして新田が一気に26秒台へ! 最終的にこの2台のタイムを上回るマシンは現れず、OGT Panasonic PRIUSが1分26秒774で開幕戦のポールポジションを獲得! 片岡の初音ミクZ4が2番手、高木真一がドライブしたARTA CR-Z GTが3番手につけた。ミューラーのStudie BMW Z4は4番手となっている。

スーパーGT第1戦岡山公式予選結果(GT500) ※編集部集計

天候:曇り 路面:ドライ

Pos.No.CarDriverTireQ1Q2
16ENEOS SUSTINA RC F大嶋和也/国本雄資BS1’19″9461’19″404
212カルソニックIMPUL GT-R安田裕信/J-P・デ・オリベイラBS1’19″8711’19″474
346S Road MOLA GT-R本山哲/柳田真孝MI1’20″2031’19″574
436PETRONAS TOM’S RC F中嶋一貴/J.ロシターBS1’20″5161’19″777
537KeePer TOM’S RC F伊藤大輔/A.カルダレッリBS1’19″8621’19″804
623MOTUL AUTECH GT-R松田次生/R.クインタレッリMI1’19″8761’19″906
717KEIHIN NSX CONCEPT-GT塚越広大/金石年弘BS1’20″3131’20″176
818ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT山本尚貴/J-K.ベルネイMI1’19″9681’21″011
939DENSO KOBELCO RC F石浦宏明/O.ジャービスBS1’20″530
1024D’station ADVAN GT-RM.クルム/佐々木大樹YH1’20″564
111ZENT CERUMO RC F立川祐路/平手晃平BS1’20″661
128ARTA NSX CONCEPT-GTV.リウッツイ/松浦孝亮BS1’20″927
1319WedsSport ADVAN RC F脇阪寿一/関口雄飛YH1’20″945
14100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT小暮卓史/武藤英紀BS1’21″100
1532Epson NSX CONCEPT-GT中嶋大祐/B.バゲットDL1’21″306

スーパーGT第1戦岡山公式予選結果(GT300) ※編集部集計

天候:曇り 路面:ドライ

 

Pos.No.CarDriverTireQ1Q2
131OGT Panasonic PRIUS新田守男/嵯峨宏紀YH1’27″7961’26″774
24グッドスマイル 初音ミク Z4谷口信輝/片岡龍也YH1’27″0771’26″869
355ARTA CR-Z GT高木真一/小林崇志BS1’27″2531’27″034
47Studie BMW Z4J.ミューラー/荒聖治YH1’26″7501’27″126
50MUGEN CR-Z GT中山友貴/野尻智紀BS1’27″5631’27″367
611GAINER DIXCEL SLS平中克幸/B.ビルドハイムDL1’27″7021’27″450
73B-MAX NDDP GT-R星野一樹/L.オルドネスYH1’27″5391’27″642
888マネパ ランボルギーニ GT3織戸学/青木孝行YH1’27″6431’27″709
965LEON SLS黒澤治樹/峰尾恭輔YH1’27″7261’27″788
1060TWS LM corsa BMW Z4飯田章/吉本大樹YH1’27″5911’27″820
1161SUBARU BRZ R&D SPORT佐々木孝太/井口卓人MI1’27″5021’28″588
122シンティアム・アップル・MP4-12C高橋一穂/加藤寛規YH1’27″2801’29″042
13360OKINAWA IMP・RUN UP GT-R田中篤/吉田広樹YH1’27″8041’30″328
1486クリスタルクロコ ランボルギーニ GT3山西康司/細川慎弥YH1’27″824
1510GAINER Rn-SPORTS SLS植田正幸/山内英輝DL1’27″839
1621Audi R8 LMS ultraR.ライアン/藤井誠暢YH1’27″935
175マッハ車検 with トランスフォーマー30th玉中哲二/山下潤一郎YH1’28″060
1850WAKO’S Exe Aston Martin加納政樹/安岡秀徒YH1’28″125
1930IWASAKI apr GT-R岩崎祐貴/影山正美YH1’28″131
2033PUMA KRH PORSCHE都筑晶裕/T.ベルグマイスターYH1’28″928
2122グリーンテック SLS AMG GT3和田久/土屋武士YH1’28″950
229国立音ノ木坂学院NACポルシェwith DR白坂卓也/坂本祐也YH1’29″300
2348Snap-on DIJON Racing GT-R高森博士/田中勝輝YH1’30″233
2467STP タイサン GAIA POWER GT-R横溝直輝/密山祥吾YH