WEC世界耐久選手権に参戦しているポルシェは、今季のLMP1クラスに投入する919ハイブリッドについて、ハイブリッドシステムのエネルギー放出量を6MJとしたことを明らかにした。

WEC公式テスト:ポルシェが2日間の総合首位に

 LMP1クラスで新たな車両規則が導入される今季に向けて、新型車両の919ハイブリッドを開発し、2台体制で耐久レースの最高峰クラスに復帰したポルシェ。マシンの技術的な詳細も明かしているものの、1周あたりに放出するエネルギー量については正式なアナウンスを行っておらず、4段階のうち最大となる8MJを採用する意向を示していた。

 ただ、今回ポルシェが明らかにしたところによると、今季の919ハイブリッドは、6MJでホモロゲーションを取得したということだ。

 

[embedyt]http://www.youtube.com/watch?v=XrxIKJ6zLe0[/embedyt][embedyt]http://www.youtube.com/watch?v=lOLHCSw1aPg[/embedyt]