WEC世界耐久選手権に参戦しているトヨタは27日、フランスのポール・リカール・サーキットで今季のLMP1クラスに投入する新型車両『TS040ハイブリッド』を初公開するとともに、その技術的な詳細を明らかにした。

 WEC参戦3年目となるトヨタは、今季から導入される新たなLMP1車両規定に準拠した新型車両を開発。今年2月にTS040ハイブリッドとの名称を明らかにし、搭載技術の一部も発表していたが、マシンの外観やカラーリングを含むそれ以外の情報に関しては、ここまでほとんど明かされて来なかった。

トヨタ、今季WEC投入の『TS040ハイブリッド』を公開(1)

トヨタはWEC公式テストを控えた27日に、ついにTS040ハイブリッドを公開。カラーリングは昨年同様、ホワイトやブルーを主体に、レッドのラインが施されるようなデザインとなった。

 パワーユニットに関しては、新たに開発した自然吸気のV8ガソリンエンジンを搭載。排気量は昨年までの3.4リッターから3.7リッターに拡大され、520馬力を発生する。また、2月の発表で4輪での回生/力行を行うことが明かされていた新たなハイブリッドシステム(THS-R)は、前後輪で480馬力を発生し、パワーユニット全体の最大出力は1000馬力となった。

トヨタTS040ハイブリッド

  1周あたりに放出するエネルギー量は、4段階(2MJ/4MJ/6MJ/8MJ)のうち3番目に大きい6MJを選択。ハイブリッド・プロジェクト・リーダーの村田久武氏は「エネルギー回生でのハイブリッドシステムを6MJ以上とするのは、重量増によってラップタイプへの影響を受けるというマイナス面があると考えた」と、最大の8MJを選択しなかった理由を説明した。


 エネルギー回生に関しては、昨年までと同様、ブレーキング時の運動エネルギー回生を採用。フロント用のモーター・ジェネレーター・ユニット(MGU)とインバータはアイシンAW製、リア用MGUとインバータはデンソー製で、エネルギーを貯蔵するキャパシタは日清紡製となっている。

 デザインに関しては、新規定に準拠した開発がなされるとともに、空気抵抗の低減が図られた。また、規定によりタイヤが5cm細くなることによるグリップ低下を補うため、ダウンフォース量も増加しているという。

7号車 中嶋一貴選手より

「開発作業は本当に良好に進み、TS040ハイブリッドには大きな見込みがあります」と語った一貴。

「新たなハイブリッドシステムは大容量になり、とても素晴らしいものだと思います。ただ、僕たちはさらに燃費について考えていかなくてはなりません。レギュレーションのためでもありますし、僕たち自身の挑戦でもあります」

https://www.youtube.com/watch?v=OvhXo6wjMV8