スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは27日、クラスI(GT500クラス)に参戦するホンダNSXコンセプト-GTについて、その参加条件を発表した。NSXだけが搭載するハイブリッドシステムに関して、そのパワーアシスト量等が記されている。

 今季からスーパーGT500クラスでは、DTMドイツツーリングカー選手権との車両規定統一化により、レクサス、ニッサン、そしてホンダとも統一モノコックや共通パーツといったDTMとの共通シャシーを採用。これに2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載する。

童夢が今季の正式カラーリングを発表。勝利目指す(3)

NSXは市販車がミッドシップ+ハイブリッドという車両であるため、そのGTカーであるNSXコンセプト-GTも市販車のイメージを尊重すべく、同じミッドシップレイアウト+レーシングハイブリッドという組み合わせが採用されていた。

 このNSXコンセプト-GTについてGTAでは、唯一この車種だけが採用されるハイブリッドシステムについて、その重量とアシスト出力、エネルギー総量、使用可能な回転域について発表した。重量は70kgあり、最大アシスト出力は21kw、アシストエネルギー総量は880kJと、ハイブリッドが武器となっているWEC世界耐久選手権のプロトタイプ等と比べると、かなり控えめな数字だ。

スポンサードリンク

ホンダNSXコンセプト-GT 参加条件
対象車両:No.8、17、18、32、100
参加条件:
ハイブリッドシステム重量:70Kg(競技車両最低重量:1090Kg)
ハイブリッド最大アシスト出力:21kw
ハイブリッド1ラップあたりのアシストエネルギー総量:880kJ
ハイブリッドアシスト使用可能領域:エンジン回転数7500rpm以上
※GTAが指定するハイブリッド制御に関するパラメータを
指定データロガーに記録しなければならない。