https://www.youtube.com/watch?v=BYqHlAjvjQc

車種:223系6000番台=4両+225系6000番台=4両:計8両編成

丹波路快速2756M
三田~大阪 鉄道ダイヤリンク http://twd.ac/17fUEpV

停車駅;西宮名塩、宝塚、山中寺、川西池田、伊丹、尼崎、大阪

大阪駅発着系統・丹波路快速
大阪駅発着系統は、宝塚駅・新三田駅・篠山口駅・福知山駅発着で運転されている。日中時間帯は1時間あたり大阪駅 – 宝塚駅間で4本、宝塚駅 – 篠山口駅間で2本運転されている。2本のうち1本は篠山口駅で篠山口駅 – 福知山駅間の列車と相互接続する。篠山口駅・福知山駅発着で、223系・225系電車(いずれも6000番台)で運転される列車は丹波路快速として運転されている。丹波路快速は、221系電車の当路線での運用が増加した2000年3月11日のダイヤ改正で運転を開始し、その後2008年6月28日からは大半の列車が223系電車に置き換えられた。2011年3月12日のダイヤ改正で丹波路快速は大半の列車が221系・223系8両編成に増強され[10]、2012年3月17日からは225系も運用されるようになった。
日中は福知山駅まで先着(篠山口駅で乗り継ぎ)するが、夕方以降は篠山口駅での増解結作業と同時に特急列車との緩急接続を行う。篠山口駅 – 福知山駅間ではホームの有効長が8両に達しない駅があり、篠山口駅を境に南北で乗客数に大きな差もあるため、朝晩に福知山駅に直通する丹波路快速は篠山口駅で増解結が行われ、大阪駅 – 篠山口駅間では8両、篠山口駅 – 福知山駅間では4両または6両で運転される。

★ホームページ☆
http://ssfltdbysd345t.wix.com/my-ssf-video-wix