JR西日本グループでは、平成25年度から「大阪環状線改造プロジェクト」をスタートし、大阪環状線のイメージアップとお客様満足度向上を図るため、「安全快適な駅づくり(駅美装・改良)」、「駅構内および高架下の開発・リニューアル」、「車両新製」、「地域や他交通事業者との連携」の4つの重点施策を掲げ、さまざまな施策を展開しています。このたび、初めての大阪環状線・JRゆめ咲線専用新型車両323系の性能試験を終え、営業運転開始日が決まりましたので、お知らせします。

スポンサドリンク

概要

2013年12月24日にJR西日本が発表した『大阪環状線改造プロジェクト』[1]の重点施策の一つである「車両新製」の一環として大阪環状線・桜島線(JRゆめ咲線)向けに導入される新型車両である。プロジェクト発表時点では具体的な車両形式に言及はされず、「安全・安心の向上」「機器の信頼性向上(安定輸送)」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」などを重視した車両とのキーワードを示したのみであった。

2014年5月の一部報道では、大阪環状線の車両が日本国有鉄道(国鉄)から引き継いだ4ドア通勤形(103系201系)とJR移行後に新製された3ドア近郊形(221系223系225系)が混在していることから、整列乗車を促進し混雑を緩和するために、新型車両を3ドア通勤形車両として4ドア車を置き換える方向で検討を行っているとしていた[2]。なお、新型車両の導入に先立ち、2014年2月17日から21日までの朝通勤時間帯に221系・223系・225系が大阪環状線とJRゆめ咲線の線内運用に就いていた。この時点ではJR西日本からの公式見解はなかったが、2014年12月8日付けのニュースリリース[3]でドア数は3つとなることが公表された。

○営業運転開始日

平成28年12月24日(土曜日)
内回り普通列車 京橋駅(16時9分)発より営業運転開始

編成表
編成番号
← 京橋・鶴橋
弁天町・桜島 →
8両編成形式
クモハ323
-0
(Mc)
モハ322
-0
(M’)
モハ322
-0
(M’)

モハ323
-500
(M5)
モハ322
-0
(M’)
モハ322
-0
(M’)
> >
モハ323
-0
(M)
クモハ322
-0
(M’c)
搭載機器Cont, CPContContContContContCont, CPCont
車両重量(t)39.736.136.136.336.136.137.039.1[注 4]
  • Cont:車両制御装置、CP:空気圧縮機