名称こそ昨年までと同様R18 e-トロン・クワトロとの名称が引き継がれた16年仕様のマシンだが「根本から再設計された」とされており、LMP1レースカーは、アウディによると、革新的な空力特性を備えており、軽量設計の次の段階を表しています。新しいアウディR18レースカーに電力を供給することは、効率的に最適化されたTDIエンジンとエネルギー貯蔵用リチウムイオン電池とディーゼルハイブリッドパワートレインになります。

2016年仕様のアウディR18 e-トロン・クワトロ

 ディーゼルエンジンで6MJのエネルギー放出量を選択することで、エネルギーテーブル上では8MJのガソリンエンジン搭載車と同等の性能になる。ハイブリッドシステムの詳細については明かされていない、従来通りフロントに運動エネルギー回生を搭載することになるのではないかと見られている。ガソリンエンジン勢は、今季はポルシェが8MJ、トヨタ6MJを選択していたが、来季は両社ともに8MJを採用するものと見られている。

参照:  新しいアウディR18 E-トロンクワトロが明らかに

2016年仕様のアウディR18 e-トロン・クワトロ

 この新たなR18 e-トロン・クワトロは、今月初めにポールリカールでテストが行われ、レギュラードライバーを務めるフィリペ・アルバカーキがステアリングを握っている。今後は、12月はじめからアメリカのセブリングで本格的なテストが行われていくという。